このページの本文へ

ナチュラルにハイビジョン映像ソースを作成

フラッシュバック、映像アップコンバートプラグイン「Instant HD」を発売

2008年02月14日 00時02分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは8日、SD映像をHD映像へ補間する米レッドジャイアントソフトウェア社製のムービープラグイン「Instant HD」(英語版)を発売した。価格は1万4070円で、同社のウェブサイトからダウンロード購入する。

Instant HD」は、NTSC DV/D1(Widescreen)やPAL DV/D1(Widescreen)といったSD映像を最大2048×1556ドットのHD映像へアップコンバートする映像プラグインだ。スケーリング時に中間ピクセルを補間するため、通常の拡大のようにジャギーが目立った状態にならない。

Converted by Adobe After Effect Converted by Instant HD
「Adobe After Effects」を使用した通常のアップコンバート(左)と、「Instant HD」を使ったアップコンバート(右)の比較。なお、本製品はプログレッシブ映像専用で、日本語化された専用マニュアルは2008年上半期に提供予定だ

対応ソフトは「Adobe After Effects 6.5〜CS3」「Adobe Premiere Pro CS3」「Avid Xpress Pro 5.6」以上、「Media Composer 2.6」以上、「Final Cut Pro 5.1.4〜6.0」。対応システムはMac OS X 10.3.2以上(Leopard非対応)またはWindows XP SP2/Vista。対応マシンはPowerPC G5/インテルCPUを搭載したMac、またはPentium 4 2.4GH以上のPC。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中