このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

3オクターブの歌声がCD・DVD発売! そして12人の天使(妹)が帰ってきた!

2008年02月13日 21時45分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

初音ミクがアキバに降臨、今期アニメの主題歌は完売!

 ニコニコ動画などで驚異的な再生数を記録したt.komine氏のデビューアルバム「ウタトラ」。アソビットゲームシティでの独占先行発売から一週間が過ぎた秋葉原で、初音ミクの格好をしたコスプレイヤーが姿を見せて販売に力を入れていた。このCDに収録されているすべての楽曲には、クリプトン・フューチャー・メディアのDTM界を震撼させた革命的ソフト「初音ミク」と「鏡音リン・レン」が使われているということで、初音ミクでDTMを始めた人からも注目を集めているという。
 ちなみに、先行発売の販売枚数は1000枚限りで、残りの枚数はかなり少なくなってきており、完売してしまった場合には、3月6日の一般販売を発売を待たなければならないようだ。

初音ミクのコスプレイヤーさんが、両手に「ウタトラ」を持って来店するお客さんに商品のアピールしていた

 完売といえば、先日発売された、今期のアニメ作品の主題歌の2つのCDが多くの店舗で売り切れていた。売り切れていたのは1月25日発売された榊原ゆいが歌う「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」の主題歌「片翼のイカロス」と、先週6日に発売された清浦夏実が歌う「狼と香辛料」の主題歌「旅の途中」の2作品。店舗によっては、若干数在庫がある店舗もあるようだが、多くの店舗では、両タイトルともに売り切れているようだ。店員によると「連休の初日で両方とも売切れてしまった」、「週末、探しに来た人がいた」と難民が出るほどの人気になっているようだ。また、別店舗のスタッフによると「どちらのタイトルもある程度売れることは予想できたが、ここまで大きな波になるとは思わなかった。何が当たるかわからない時代だ」と話をしていた。

とらのあな秋葉原本店では、両タイトルともに売り切れてしまい、品切れのポップが張り出されていた

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ