このページの本文へ

モバイルでも高いパフォーマンスと信頼性を実現

ソネットテクノロジーズ、ポータブルRAIDストレージシステム「Fusion F2」を発売

2008年02月12日 22時34分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米ソネットテクノロジーズ社は12日、eSATA接続に対応したポータブルRAIDストレージシステム「Fusion F2」を発売した。価格は10万8800円。

Fusion F2」は、2.5インチのハードディスクドライブを2基搭載した容量640GBのストレージ。FireWire 800に比べてデータ転送速度が2倍のeSATA接続による高いパフォーマンスが魅力だ。また、RAID 0(ミラーリング)とRAID 1(ストライピング)に対応。コンパクトな設計で設置スペースを取らず持ち運びにも適している。

sonnet01 アップル社のメディアプレーヤー「Apple TV」なみのコンパクトな薄型ボディーが特徴。電源としてFireWire 400ポートを利用する。同社のExpressCard/34対応eSATAカード「Tempo SATA ExpressCard/34」との併用を想定して設定されている

本体サイズは幅14.9×高さ1.8×奥行き15.7cm、重さは550g。電源ケーブルとスリップケース、ユーザーガイドが付属する。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中