このページの本文へ

NTTドコモ、4つのワンタッチキーを搭載した「L705i」を2月5日に発売

2008年01月30日 19時33分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)NTTドコモとNTTドコモグループ8社は30日、連絡先や機能を割り当てられる4つのキーをメインディスプレーの下に搭載し、使いやすさに配慮したFOMA携帯電話機「L705i」を2月5日に全国一斉発売すると発表した。

L705i
「L705i」。左から「シャンパンゴールド」、「ブラック」、「ワイン」

 L705iは、LG電子(株)製の携帯電話機。4つの「ワンタッチキー」をディスプレー下部に搭載するのが特徴。3つのキーにあらかじめ相手を設定しておくことでワンタッチで発信でき、残り1つのキーにスケジュールやアラームなどのよく使う機能を設定できる。

 そのほかに、国際ローミングサービス「WORLD WING」(3G+GSM)に対応し、海外ではW-CDMAおよびGSM方式に対応し、世界155の国と地域でそのまま利用できる。

 本体スペックは、メインディスプレーに約2.4インチQVGA(240×320ドット/26万2144色表示)TFT液晶パネルを採用し、サブディスプレーは1.3インチ(128×160ドット/6万5536色表示)TFT液晶パネルを採用する。カメラは有効約130万画素のCMOSセンサーを搭載する。

 連続通話時間は、音声がW-CDMAで約140分、GSMで約140分、テレビ電話が約90分。連続待受時間は静止時で約300間。本体サイズは幅51×厚さ16.5×高さ100mm、重さは約99g。カラーは「シャンパンゴールド」、「ワイン」、「ブラック」の3色となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン