このページの本文へ

とらのあな売り上げランキング

【コミックとらのあな売り上げランキング(1/14~1/20調査)】

DSソフトのコミカライズ「どきどき魔女神判!」1巻がランクイン

2008年01月28日 20時00分更新

文● とらのあな

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

これを読め!店員オススメの1冊


モンスターキネマトグラフ
著者:坂木原レム/徳間書店 リュウコミックス

モンスターキネマトグラフ

(C) 坂木原レム/徳間書店

 本作は戦争を経験し、時代の流れに翻弄された一人の女性の数奇な運命を描く物語――なのですが、ヒロインがなんと「興奮すると怪獣に変身してしまう」という特殊体質の持ち主。その特殊体質ゆえに戦時中は兵器として軍に利用され、戦後は人々に疎まれながらも、怪獣映画の撮影に参加していく中で様々な出会い、新たな人生の道を拓いていく様が描かれます。
 ちょっと影が差しているマミヤさんの人生ですが、「怪獣」への変身という要素が加わることで、物語は基本的にシリアス路線を歩みながらも、全体としてはギャグや往年の怪獣映画へのオマージュを取り入れながらパワフルかつコミカルに展開。影がありながらも強さとお茶目さを持ったマミヤさん、映画作りに情熱を傾けるスタッフ、マミヤさんにとって重要な存在となる男性の揺れる心など、丁寧な人物描写が物語に深みを与えています。この単行本が初となる作者さんですが、今後の活躍に大きく期待が膨らむ一冊となっております。


週間ランキング


 先々週に引き続き先週も「ハヤテのごとく!」14巻が1位。変わらず不動の人気です。2位にはこちらも圧倒的なファン層から長く支持されている「魔法先生ネギま!」21巻。1位・2位は巻数が長く続いても販売数が落ちない2大タイトルです。3位には各種WEBサイトなどでも話題を呼び注目を集めた、DSソフトのコミカライズ「どきどき魔女神判!」1巻がランクイン。雑誌連載時から話題を集めていましたが、コミックスは予想以上の売行きに嬉しい悲鳴です。その他、新婚夫婦の日々をゆったりと描いた私屋カヲル先生作、8位「だめよめにっき」や、「フルーツバスケット」で一躍人気作家となった高屋奈月先生の最新作である10位「星は歌う」1巻など注目タイトルの多い週でした。

コミックとらのあな秋葉原1号店1/14~1/20の販売数ランキングTOP10
順位 前回 タイトル 出版社 著者名 価格
1 1 ハヤテのごとく! 14巻 小学館 畑健二郎 410円
2 - 魔法先生ネギま 21巻 講談社 赤松健 400円
3 - どきどき魔女神判! 1巻 秋田書店 八神健 552円
4 1 空の境界 下巻 講談社 奈須きのこ 800円
5 2 仮面のメイドガイ 6巻 富士見書房 赤衣丸歩郎 580円
6 - まぶらほ 凛の巻 富士見書房 築地俊彦 588円
7 4 Kiss×sis 2巻 講談社 ぢたま某 552円
8 - だめよめにっき 双葉社 私屋カヲル 762円
9 - ちぃちゃんのおしながき 4巻 竹書房 大井昌和 590円
10 - 星は歌う 1巻 白泉社 高屋奈月 390円

【取材協力】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ