このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

見た目が良くて中はサクサク! Eee PCの意外な実力

2008年01月25日 22時38分更新

文● マッチョ軍曹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 気になるサイズは、編集部にあった「LOOX P70S」とほぼ同じくらい。ACアダプターも小ぶりで、「本体は小さいけどACアダプターはデカッ!」 なんてトラップもなし。本体とACアダプターを合わせても重量はたったの約1.08kg。なんだよ、これじゃ持ち運んでもトレーニングにならないじゃないか!

封筒から出せるコンパクトボディー

軽いだけでなく本体も小型だ。なんかのパクリじゃないかって? オーマイ! 余計な詮索は止めようぜ



画面は小さいが、動作はサクサク!


 ここで軽くスペックについて触れておく。液晶パネルは7インチワイド(800×480ドット)、CPUはCeleron M-900MHz、メモリーは512MB、HDDの代わりに4GBのSSDを搭載。通信機能としてはIEEE 802.11b/g対応の無線LANを内蔵する。買った状態の空き容量はだいたい1.4GBだが、Windowsアップデートを行なうと1GBを切ってしまった。SSDは基板に直付けで交換できないので(メモリーは交換可)、実はちょっと悩ましい。バッテリー駆動時間も3.2時間とモバイルノートとしては短めだ。

 とりあえず起動させてみる。うーん分かっていたがやっぱり画面が小さいぜ。試しにASCII.JPのサイトに接続してみると画面に収まりきらず、縦にも横にもスクロールする必要がある。まあ、800×480ドットと言えば、最近のケータイとあまり変わらない解像度だ。ここらへんは割り切りってしまえ。その代わり動作はかなりサクサクだ! YouTubeのフィットネス動画も問題なく再生できた。

Eee PC 4Gのキーボード

キーピッチが実測で横約16mm。長文を打つには少し慣れが必要と感じた

 内蔵スピーカーも予想を上回るできだ。それなりの音量が取れるので、YouTubeやニコニコ動画の試聴にも十分使える印象だ。無線LANのHDDにiTunesのライブラリーを構築して、ベッドサイドで音楽を楽しむといった用途にも使えそうだ。



値段以上の満足度!


 容量やディスプレーの解像度など、でかいものこそ正義が身上の俺にはさびしい面もあるが、見た目がクールで、動作もサクサク。ウェブ・メールチェック・文章作成くらいに用途を絞れば、かなり使えるパソコンだといえそうだ。何より、最近のケータイと同じくらいの価格で、Windows XPが動いてしまうのが驚き。時代は変わったな。

 価格設定が絶妙だからだろうか? 制限の中でどれだけ楽しめるか、自己鍛錬に励みたくなる魅力もある。Eee PCは俺のマッチョライフにも華を添えてくれる。そんなマシンに仕上がっている。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン