このページの本文へ

Thermaltake製メモリモジュール用のヒートシンク「V1R」が今週25日から販売

2008年01月23日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermaltakeからメモリモジュール用のヒートシンク「V1R」(型番:CL-R0028)が今週25日に発売される予定だ。

「V1R」 メモリモジュール用のThermaltake製ヒートシンク「V1R」(型番:CL-R0028)が今週25日に発売される予定

 製品はモジュールに取り付けられたヒートスプレッダから6mm径ヒートパイプが延び、上部の銅製フィンへと放熱するという仕組み。素材こそ異なるが、同社から昨年4月に発売された「Spirit RS」(型番:CL-R0026) の後継モデルという位置付けとも言えそうだ。入荷を予定しているのは高速電脳やT-ZONE.PC DIY SHOPなど。予価は3580円となっている。

「V1R」 ポップ
ヒートパイプは角度調整可能。予価は3580円となっている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中