このページの本文へ

Windows Mobile版「ibisBrowserDX」が端末-サーバー間通信の暗号化に対応

2008年01月23日 17時48分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)アイビスは23日、Windows Mobile版のフルブラウザーアプリ「ibisBrowserDX」において、サーバーと端末間の通信時の暗号化に対応したと発表した。

 ibisBrowserDXは、ウェブサイトにアクセスする際に、ibisBrowserDXサーバーを介して通信している。これまでは、ウェブサーバーがコンテンツの暗号化を施した場合、サイトのウェブサーバーからibisBrowserDXサーバーまでは暗号化して通信していても、ibisBrowserDXサーバーから各ユーザーの端末までの間は暗号化なしで通信していた

 今回の対応により、暗号化されたサイトの情報は自動的に暗号化してやりとりされるようになった。利用に際してユーザーが設定変更するなどの手間はない。

 なお、今回暗号化に対応したのはスマートフォン向けのWindows Mobile版のみ。一般的な携帯電話機向けのJava版については、今後対応する予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン