このページの本文へ

NTT Comとマイクロソフト、Live Messenger 2008からIP電話発信サービスを開始

2008年01月22日 18時03分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
笹本 裕氏
Windows Live Call by ドットフォンを説明する、マイクロソフトの常務執行役オンラインサービス事業部事業部長の笹本 裕氏

 NTTコミュニケーションズ(株)(NTT Com)とマイクロソフト(株)は22日、マイクロソフトが提供している総合コミュニケーションサービスのクライアントソフト「Windows Live Messenger 2008」からNTT ComのIP電話を発信できるサービス「Windows Live Call by ドットフォン」を本日午後3時に提供開始した。利用料金は発信サービスのみでは月額210円(一般加入電話や携帯電話などへの通話料は別途発生)、着信時の転送/留守番電話サービスがオプションで月額210円だが、今年12月まではキャンペーンとして転送/留守電サービス込みで月額210円になるという。

 このサービスは、米国およびフランスですでに実施されているWindows Live Messenger 2008からIP電話をかけるボイスコミュニケーションサービスで、日本が世界で3番目のサービスインとなる。

Windows Liveの全容
Windows Liveには全部で12種類のサービスが用意されており、今回のLive Callはコミュニケーションサービスの一環として追加されたもの。なお、日本ではまだ提供していないオンラインストレージサービス「Windows Live SkyDrive」も近日中にサービスインの予定だという

 利用するには最新版のWindows Live Messenger 2008が必要で、これを起動するとツールバーの右端に電話アイコンが新たに表示される。これをクリックすると、初回クリック時はNTT ComのIP電話サービス「ドットフォン」への加入ページに移動して、加入手続きが行なえる。支払い方法はクレジットカードかOCN(NTT Comのインターネット接続サービス)への合算のいずれかが選択可能。OCN以外のインターネットプロバイダーからも利用できる。Windows Live ID 1つに対して、ドットフォンの電話番号(050で始まるIP電話)を1件のみ契約できる

会話中の画面から相手に電話をかける
Windows Live Messenger 2008の友人リストから選択して電話をかけるほか、会話(チャット)中の画面から相手に電話をかけることもできる

 加入手続き後は、Windows Live Messenger 2008に登録した友人リストの電話に対して、従来通りチャットで話しかける、メールする、というほかに電話をかけるというメニューが追加される。また、ウェブブラウザー(Internet Explorer)で開いたウェブページに電話番号が記入されていた場合には自動的にハイパーリンクに変更され、マウスでクリックするとWindows Live Messenger 2008から電話発信が行なえる。

Internet Explorer上の電話番号は自動的にハイパーリンクに変更される
Internet Explorerで開いたウェブページに電話番号がある場合、それがハイパーリンクに変更されて、番号をクリックするとIP電話を自動的にかけられる

 なお、この機能ではWindows Live Messenger 2008で着信することはできず、前述の転送/留守番電話サービスをオプション契約している場合には、携帯電話や一般加入電話に転送することで着信・通話が行なえる。

 通話料は「OCNドットフォン」(NTT Comの個人向けIP電話サービス)と同等で、一般加入電話宛てが3分間で8.4円携帯電話宛ては1分間で16.8円、海外は国によって異なるが米国宛ての場合が1分間9円などとなっている。このほか、番号非通知の相手からの着信(転送や留守電)を拒否するサービスが月額315円で用意されている。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン