このページの本文へ

インターフェースが改善されて大幅パワーアップ

エーアンドエー、汎用CADソフト「VectorWorks2008」シリーズ4製品を発表

2008年01月16日 18時36分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エーアンドエー(株)は11日、汎用CADソフト「VectorWorks」の新バージョン「VectorWorks2008」シリーズ4製品を2月1日に発売すると発表した。価格は「VectorWorks Fundamentals」が20万7900円、「VectorWorks Fundamentals with RenderWorks」が26万400円、「VectorWorks Designer」が31万2900円、「VectorWorks Designer with RenderWorks」が36万5400円。

VectorWorksの後継となるベーシックパッケージ「 VectorWorks Fundamentals」は、ユーザーインターフェースを改良し、より洗練された操作性を実現。2D/3Dの大幅な機能強化や、制限のないカラーパレットに対応するなどプレゼンテーション機能も向上している。また、最上位製品「VectorWorks Designer」は、製図板の回転機能や「PANTONE」などのカラーパレットを搭載。豊富なデザインライブラリーやデザインマネジメント機能を強化しているのが特長だ。各シリーズにレンダラーの付属した「with RenderWorks」パッケージを用意しており、高速レンダリングを実現する。

VectorWorks2008

「VectorWorks Fundamentals」の追加ライセンスは、1ライセンス17万8500円

「VectorWorks Fundamentals with RenderWorks」の追加ライセンスは、1ライセンスは22万500円

VectorWorks2008

「VectorWorks Designer」の追加ライセンスは、1ライセンス26万2500円

「VectorWorks Designer with RenderWorks」の追加ライセンスは、1ライセンス31万5000円

対応システムは、Mac OS X 10.4.10以上(Leopard対応)またはWindows XP SP2/Vista(32/64ビット対応)。対応マシンはPowerPC G4以上/インテル製CPUを搭載したMac、またはPentium 4以上を搭載したPC。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中