このページの本文へ

地デジチューナー×2、HD DVD-RWドライブを搭載

東芝、45nmのCore 2 Duo T9300を搭載した「Qosmio G40」を発売

2008年01月16日 15時00分更新

文● 編集部 小浜雅胤

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)東芝は16日、CPUに45nmプロセスのCore 2 Duo T9300(2.50GHz)を搭載したノートパソコン「Qosmio G40/98E」を25日に発売すると発表した。価格はオープンプライス。予想実売価格は43万円前後。

「Qosmio G40/98E」

「Qosmio G40/98E」

 Qosmio G40/98Eは、同社のAVノート「Qosmio」(コスミオ)シリーズの中でもハイエンドモデルとなる「Gシリーズ」の新製品。CPUが45nmプロセスの新型Core 2 Duoへ変更されたのが従来モデルとの違いとなる(関連記事)。

 従来モデルと同様に、地上デジタルチューナーを2基装備するほか、HD DVD-RWドライブ米harman/kandon社製スピーカーを搭載する。また、HDMI接続することで同社の液晶テレビ「REGZA」(レグザ)と連携する機能「レグザリング」も装備するなど、AV機能に特化した設計となっている。

液晶ディスプレーに17インチワイド(1920×1200ドット)パネルを採用し、グラフィックスチップにNVIDIA Geforce 8600M GT(1GB)、HDDは400GBを装備する。

そのほかの主な仕様は以下の通り。

Qosmio G40/98E
CPU:Core 2 Duo T9300(2.50GHz) |メモリー:DDR2-677 2GB|グラフィックス:NVIDIA GeForce 8600M GT(1GB)
ディスプレー:17インチワイド 1920×1200ドット|HDD:400GB(200GB×2)|光学ドライブ:HD DVD-RWドライブ|TV機能:地上デジタル放送チューナー×2|無線通信機能:IEEE 802.11a/b/g
サイズ:幅440×奥行き299.4×高さ45.3mm|重量:約4.8kg|バッテリー駆動時間:約3.2時間|OS:Windows Vista Home Premium|Office:Office Personal 2007
予想実売価格:43万円前後

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン