このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ネット「はじめて物語」

なぜ「初音ミクがネギ」で「鏡音リンがロードローラー」なのか?

2008年01月15日 19時20分更新

文● 高橋暁子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

自由に改変し、作品の広がりを


 ちなみに、現在アップされている動画は、ロードローラーの曲がないかと探していたmerakia氏が、honorary_chairman氏の曲を気に入って声をかけたのがきっかけで誕生した。

 honorary_chairman氏が楽曲を発表していたのが、クリプトンが運営するクリエイターの発表・交流の場である「ピアプロ」だ。

 元ネタとなる動画では、唐突にロードローラーが現れる。この動画が発表されたのは12月1日であり、まだ鏡音リンは発売前である。髪の色が同じ黄色というだけでロードローラーというインパクトがウケたのだろうか。

 実は「WRYYYYYYYYYN!!!!」は荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」でDIOがロードローラーを落下させる時に言う台詞だ。これが「リーーン」と聞こえるために、動画の「ロードローラーだ、WRYYYYYYYYYN!!!!」という組み合わせが出来上がったと思われる。

【動画】初音ミク「すいません・・・、鏡音リンを予約したいのですが・・・」

作者:loadorigin氏


「リン=ロードローラー」を決定づけた動画。唐突に現れるロードローラーは非常にインパクトが強い。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1667273

 動画の反響についてhonorary_chairman氏は、

「まず、動画が付いたことは非常に大きな出来事でした。これによっていろいろな方、今までの『一個人』では到底ありえないほど、いろいろな方に曲を聞いていただいています。しかも、発表から成り上がるまでの時間が短い。事実、(ピアプロでの曲の発表から)まだひと月とたっていません。(楽曲を)改変可能としたことで、ひとつの素材としての楽曲がいろいろな解釈をされていく様子は、大変興味深いです」

と話している。

 また最近問題になっている著作権の問題についても「リンとレンの楽曲がロードローラーに乗って少しだけヒビを入れられた」と考えているそうだ。これは、視聴者からもらったコメントを参考にして作者が曲を修正したり、誰でも改変可能にするなど「顔の見える関係」から曲ができあがったことが関係しているという。

 VOCALOIDとニコニコ動画によって、今後も新たなクリエイターとすばらしい動画が次々と世に生まれ続けていくだろう。キャラクター・ボーカル・シリーズは、すでに第3弾の発売も予定されている。今度はどんな髪の色&アイテムで、ユーザーの間に広がっていくのだろうか。楽しみである。

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン