このページの本文へ

最新パーツ性能チェック 第55回

【最新パーツ性能チェックVol.55】

「Phenom 9600 Black Edition」はどこまでチューニングできる?

2008年01月12日 23時51分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

まさかの12倍天井……!

 では9600BEの“調教”に入ろう。通常モデルのPhenomやAthlon 64系のCPUの場合、FSB上げとHyper Transportの倍率下げを行ないつつ、適宜コア電圧等を調整するというやり方になるが、9600BEではまず倍率を上げることが可能になる。2.3GHz動作の9600BEの場合、デフォルトの倍率は11.5倍。13.5倍まで上げることができれば2.7GHz動作、すなわち「Phenom 9900」と同等のクロックになる。

OverDrive

AMD OverDriveでの9600BEのCPU情報。倍率11.5倍、2.3GHz動作であることが確認できる

 テストは倍率を0.5倍刻みで上げ、ベンチマークを一通り行ない、すべて完走した状態でクリアとしたのだが、今回試した3つの9600BEでは、2つが12倍が限度、1つは定格以上には上がらないというシオシオの結果になった。メモリーの設定も元はGangedモード(デュアルチャンネル)だったが、安定性を追求した結果Ungangedモード(シングルチャンネル)に辿り着いた。
 その12倍もコア電圧を定格1.25Vから1.4Vに上げてようやく到達。1.45Vで12.5倍に到達した個体もあったが、Windowsは起動するもののブルースクリーン連発で安定しない。
 オーバークロックは運の要素も強いわけだが、今回のテストに関してはかなりハズレに近い個体を引いてしまったようだ。だが、性能はそれなりに伸びており、たった0.5倍、クロック換算で100MHzの増量ながらはっきりとした性能の向上を見ることができた。

SuperPI 104万桁(単位:秒)

SuperPI 104万桁(単位:秒) ←Fast

Sandra XII (単位:score)

Sandra XII (単位:score) Fast→

Sandra XII Cache & Memory Benchmark
によるメモリのデータ転送速度(単位:MB/s)
TestBlock Size ノーマル(Gangedモード) ノーマル(Ungangedモード) 12倍(Ungangedモード) 12.5倍(Ungangedモード)
2KB 130601 123637 136633 完走せず
4KB 160297 160416 163594 完走せず
8KB 153668 153028 159514 完走せず
16KB 156540 155715 162811 完走せず
32KB 165377 165649 172340 完走せず
64KB 143786 143491 150120 完走せず
128KB 129466 129827 134647 完走せず
256KB 120231 120493 125629 完走せず
512KB 81960 82408 85744 完走せず
1MB 68776 69500 72365 完走せず
4MB 29187 29809 28972 完走せず
16MB 4634 6923 6650 完走せず
64MB 4541 6866 6491 完走せず
256MB 4551 6869 6487 完走せず
1GB 4570 6914 6507 完走せず
Sandra XII Cache & Memory Benchmark

Sandra XII Cache & Memory Benchmark

(次ページへ続く)

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中