このページの本文へ

軽量じゃなくても、すごいノートが出てくるかも

アップル新製品に対するウワサと妄想(後編)

2008年01月12日 18時00分更新

文● 野末尚仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

さらばトラックパッド!?


 そもそもiPhoneやiPod touchのキモとなっているタッチ操作は、2006年にアップルがFingerworksという企業を買収したことに始まっている。

iPhone
iPhone

 Fingerworksは、もともとジェスチャーによって特定の操作をさせるための周辺機器やキーボードを販売していた。これに目を付けたアップルが、来るべきタッチスクリーン搭載製品のために買収したわけだ(そういえば、iTunesだって、もとはSoundJam MPというサードパーティ製ソフトを買収して作ったものだった)。

 Fingerworksの製品は非常に自由度が高く、例えばソフトごとにジェスチャーを設定することもできた。また、iPhoneやiPod touchのように使う指は2本だけでなく、中には5本の指を使うようなジェスチャーもあったと記憶している(もっとも指を5本使うようなジェスチャーを覚えるほうも大変かもしれないが)。

 勘のいい読者ならそろそろ気付いたと思うが、「タッチスクリーン液晶を備えたMacBook」は、けっこうアリだ。

 もちろんその場合は、トラックパッドなど野暮なものは取り払ってしまうに違いない。

「そんなに細かく操作したいのならマウスを使えばいい」
「ポインティング・デバイスとしては指に勝るものはない」
Hasta la vista, Trackpad!」(さようなら、トラックパッド)

──などとジョブズが言い出しても、特に不思議ではない。



Tabletの概念を根本から変える可能性も


 そのコンセプトを突き詰めていくと、最終的には「Table Mac」という形態に行き着く。

iMac
CESでは、Menlow搭載のUMPCも数多く展示されていた。写真は東芝の試作機

 しかし、アップルが出すのであれば、「既存のTablet PCのOSを変えました」というレベルでは満足しないだろう(関連記事:CES 2008レポート)。

 ジョブズなら「既存のタブレット製品はすべて間違っている。正解はコレだ」とかなんとか言って、妙な折り畳みギミックや機能を削いだ、シンプルでつるんとしたタブレット製品を出してきそうだ。なんだか、勢いあまって、キーボードすらなくしてしまうかもしれない。ツルンとした板のようなタブレット……。

 iPhoneやiPod touchのキーボードは、一見すると打ちにくそうだが、「指で触ったときではなく、指を離したときに入力が確定される」という仕様さえ頭に入ってしまえば、さほど難儀さはない。同じコンセプトでキーピッチさえある程度確保できれば、充分実用になるはずだ。

 指を使ったユーザーインターフェースを普及させる、というのは、iPhone/iPod touchを持つアップルにとっては「理にかなった」戦略だと思うのだが、どうだろう? もちろんそれが軽ければ軽いほど、日本市場では受け入れられやすいが、仮に15インチの大きなマシンだったとしても、落胆する必要はない。驚くほど薄いという可能性も残っているのだ。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン