このページの本文へ

【CES 2008 Vol.13】North Hallは別世界! 重低音がお腹に響く!

2008年01月10日 21時06分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米ネバダ州ラスベガスで今月7日(現地時間)から10日まで開催されている家電・デジタル機器の巨大展示会「2008 International CES」(以下、CES 2008)。CES 2008は、Hotel Venetian、Hilton Hotel、Las Vegas Convention Center(LVCC)の3ヵ所を利用して開催されているが、そのうちのLVCCのNorth Hallでは、「家電なのか?」と思えるような製品も展示されている。その製品とは……。

自分、走り屋ッスから、音響系はちょっとニガテ


ガヤルド クラリオンのブースから、いきなり「ランボルギーニ ガヤルド」がお出迎え!
BMWっぽい
一見、BMWっぽいキドニーグリルだが、エンジンを見るとホンダ……

 そうです、です。ここ、North Hallはほかのホールとはまるっきり雰囲気が違う世界となっています。まず客層が違う。Central HallやSouth Hallはスーツを着たビジネスマンや報道関係者が多かったですが、North Hallはアメリカンマッチョなグッドルッキングガイや、ヒップホッパー(っぽい格好をしている人)、ラッパー(っぽい格好をしている人)など、B-Boyがたくさん。

 そして、お腹の底にズンドコ響く、土曜深夜の大黒パーキングエリアを思い出させる重低音。いわば、アメリカ版オートサロンとも言うべき場所か。そういえば、筆者が帰る頃にはちょうど幕張メッセで東京オートサロンが開催されているではないか。東京オートサロンには、時差ボケの真っ最中で取材に行けそうにもないので、せっかくだからこのNorth Hallでウサ晴らしをすることにした。

スピーカー ドア
スピーカーやらアンプやら、サブウーファーやらがたくさんドアにまでディスプレーをつけてどうするつもりなのか。開けて見せるためか
トランク ハッチ
そんなにいっぱいディスプレーをつけて、意味があるのか。あるんだろう、きっとルノークリオのハッチを開けるとどでかいディスプレーが

 だが、なーんかオートサロンに来ていると思うと感じる違和感。そうだ、会場が明るすぎるんだ。そしてお姉ちゃんが少ない。さらに、スピーカーやアンプなどの音響系ばかりで、チューニング系はまったくなし。やはり、家電・デジタル機器の展示会の一部なんですね……。

後ろ 中
ミニバンの後ろだけでなく、車内も全部スピーカーになったエクストリームなマシン。この中に人が入って音量を最大にすると死にますね。さらによく見ていると昔流行した蓮画像に見えてきて気持ち悪い

アメリカン問わずスーパーカーが勢ぞろい!


F430 フォードGT
2000万超えスーパーカー、「フェラーリ F430」フォードが誇る古き良きスーパーカー「フォードGT」

 オートサロンと違った意味ですごいのは、スーパーカーがポンと置いてあるところ。もちろん触れるようにはなっていないが、それでもこんなに身近で見られるのはうれしい。ただ、やはりチューニングカー的なものも置いてあればよかったかなぁ、と個人的には思う。アメリカにはチューニングカーが走っていないわけではなく、アキュラ(ホンダ)のインテグラや、三菱のエクリプスのチューニングカーは市街地でよく見たからだ。

コンパニオン
車のイベントに付き物のコンパニオンもいることはいる。でも全体的に大人しめ

会場外の駐車場ではBMWのフォーミュラカーが爆音で走る


特設会場 超でかい駐車場に特設会場を設置

 North Hallからさらに北に歩いていった「Gold Lot」という駐車場エリアでは、BMWザウバーがスポンサーのインテルの協力のもと、特設会場を設置していた。晴天の日の下で、案内してくれるお姉さんも常にニコニコ。さらに早口でまくし立てる。

BMW M6 会場の外にも何気に一般人からすると十分なスーパーカー「BMW M6 コンバーチブル」の最新モデルが。しかも自由に車内に乗り込めるようになっていた

 会場内にはF1カーも置いてあって、調整をしていたのでてっきり走るものだと思っていたのだが、実際に走ったのはフォーミュラーカーのほう。でも、フェンスギリギリまで寄せて、車をスライドさせていくコントロール技術はさすが!

耳栓 作業風景
会場に入るとすぐに手渡されたのは耳栓。これで爆音から身を守るピットでの作業風景も見られるようになっていた
フォーミュラカー 白煙と共に舞うフォーミュラカー。こんな狭い所でよくやるもんだ

 そんな拓海くんもアキオくんもびっくりなマシンコントロールは、以下の動画でご覧いただきたい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン