このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

24インチ液晶テレビ

レビュー:FORIS.HD DT24ZD1

2008年01月11日 13時00分更新

文● 柴田文彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デスクトップで「フルHD」、Macにつながる液晶テレビ


FORIS.HD DT24ZD1 【SPEC】
開発/販売元●(株)ナナオ 価格●オープンプライス(実売16万円前後)
http://www.eizo.co.jp/

パネルサイズ●24インチ 最大解像度●1920×1200ドット インターフェース●HDMI×3、DVI-I、D4、Sビデオ/コンポジット、10Base-Tイーサネット、モデム端子 本体サイズ●幅565×奥行き280×高さ483mm 重さ●13.0kg

【COMMENT】
斬新なデザインが目を引くが、基本性能にも妥協はない。スピーカー部分は小型ながら、想像以上に臨場感のあるサウンドを実現している。


 「FORIS.HD DT24ZD1」は、パソコン用モニターとしても利用できる、デジタル放送/フルHD対応の24インチ液晶テレビだ。

 個性的なデザインはもちろん、豊富なインターフェースも大きな魅力。映像入力ポートはD4端子、Sビデオ/コンポジット端子に加え、HDMI端子を3基備えているので、複数のAV機器を接続してもリモコンひとつで制御できる。そのほか、テレビ放送の受信アンテナは地上デジタル、CATV、BS/110度CSデジタルに対応しており、外部オーディオに接続可能な光デジタル/アナログ音声出力やヘッドホン端子も装備。パソコン用には、DVI-Iを1基用意している。また画面下部に設置されたスピーカーは、高音を拡散させるラジエータ状のパーツを外部に配置する大胆な設計。その効果は抜群で、サイズ以上の臨場感を得られる。

FORIS.HD DT24ZD1

3系統のHDMI端子など、豊富な入力ポートを装備する。本体側面にはB-CASカードスロットも備え、地上/BSデジタルなど著作権管理された映像の受信も可能だ

 作業中の子画面に別の映像ソースを表示する「PinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)」機能を利用すれば、Macを使いながら気になるテレビも楽しめる。画面の透明度や表示位置、チャンネルの切り替えもリモコンから操作可能だ。また、電子番組表「EPG」を利用した番組予約やインターネット経由のテレビ情報サービス「アクトビラ ベーシック」にも対応している。

FORIS.HD DT24ZD1

3画面内に別の映像ソースを表示する「PinP」機能。サイズは固定で、表示位置は4隅のみ

 本製品はパソコン用モニターではなく、あくまでも液晶テレビ。コンパクトなMac miniを接続してウェブページを閲覧したりデジカメ内の写真を表示するなど、フルHDテレビ+高性能情報端末という観点から、購入を検討してみてはいかがだろうか。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中