このページの本文へ

RapidoSerial(ラピッドシリアル)

2008年01月21日 08時00分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
登録したシェアウェアのシリアル番号や、オンラインバンクのログイン情報が書かれたメールを削除してしまいました……。
A
セキュリティーの面からも、シリアル番号やログイン情報は、パスワード管理ソフトで管理することをお勧めします。
今回紹介するオンラインウェア
RapidoSerial RapidoSerial
開発元/app4mac
種類/フリーウェア
インストール/インストーラー
http://www.app4mac.com/

シリアルナンバーは専用の「金庫」で保管

 ソフトのシリアル番号やウェブサービスのIDは、登録時の確認メールだけを保存しているユーザーが多いだろう。しかし、紛失する可能性のある場所での保存はNG。こういった情報はパスワード管理ソフトで管理しよう。

 「RapidoSerial」の使い方は簡単。ウィンドウに登録したいソフトのアイコンをドラッグ&ドロップするだけで、ソフト名やバージョン番号、URLといった基本情報を入力してくれる。あとはシリアル番号を登録すればいい。また、インストール済みのすべてのソフトを追加する機能もあるので、登録の手間もかからない。

RapidoSerial メモや関連書類もソフトごとに保存可能。普段は保存しないことの多い「Read Me」などを追加しておくといい。開発元の名前やURLも登録されるため、いざというときの連絡先などを管理するデータベースとしても活用できる
RapidoSerial 登録対象は基本的にソフトだが、「追加」ボタンから「ほかの種類の項目を追加」を選ぶと、任意の名前を付けてソフト以外の情報も追加できる。例えば、クレジットカードやオンラインバンクのように、IDとパスワードだけで現金を扱えてしまう重要な情報の管理に使ってもいい

最後に、「環境設定」でマスターパスワードを設定してロックすることも忘れずに。

(MacPeople 2008年1月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中