このページの本文へ

演奏の遅延を解消し、演奏しながらの録音も可能

エムアイセブンジャパン、USBエフェクター/オーディオインターフェース「nio 2|4」を発売

2007年12月20日 18時31分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エムアイセブンジャパンは19日、英ノベーション社製のUSBマルチエフェクター/オーディオインターフェース「nio 2|4」を12月21日より発売すると発表した。価格はオープンプライスで、実売価格は2万5000円前後。

nio 2|4

本体サイズは幅144×高さ45.5×奥行き149mm、重さは633gだ

nio 2|4」は、ギターで弾いた音が遅れて聞こえるレイテンシー問題を解決する「DirectFX」機能を搭載したUSBオーディオインターフェース。エフェクターとしても機能し、DAW(Digital Audio Workstation)ソフトで伴奏を流しながら演奏を録音する、いわゆる「かけ録り」も可能だ。ビットレートは24ビット、サンプルレートは44.1kHz/48kHzから選択できる。

本体上部には8つのつまみと入力切り替えなどのアナログスイッチを搭載し、前面にヘッドホン出力×2基、ギター/マイク入力×1基を備える(左)。背面はXLRマイク入力×1基、MIDI入力×1基、MIDI出力×1基、ステレオライン入力×1基、ステレオライン出力×2基、USB端子×1基(右)

ギターエフェクトは、付属ソフトの「nio FX Rack」で仮想ラックにエフェクターを並べて設定する。VST/AUプラグインとして動作するため、「GarageBand」などのオーディオ音源としても利用可能だ。また、音楽作成ソフト「Ableton Live Lite 6」や「Waldorf LE Edition」をはじめ、ループ/サンプル集など9本のソフトを収めたソフトパック「Xcite + Pack」がバンドルされており、本製品とパソコンだけですぐに曲を作成したり演奏を録音できる。

nio FX Rack

「nio FX Rack」に搭載されているエフェクターは、70s Fuzz/Green Overdrive/Fat Pie/Distorter/Brit Rock/Tweed Twin/Tweed Bass/US Modern Valve/V-AC/Compressor/EG/Gate/Reverb/Filter/Deley/Chorus/Phaser/Tremolo/Smart Hum Killer/Hot Tuna——の20種類

対応システムはMac OS X 10.3.9以上またはWindows XP SP2/Vista。対応マシンは、PowerPC G4 800MHz以上/Intel CPUを搭載するMacまたはIntel Pentium 4 1.4GHz以上のCPUを搭載するPC。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中