このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」第9回

「もてピタ」「ちょいワル」を引き立てる薄さ「N905iμ」

2007年12月13日 19時50分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
N905iの厚さ
【今週の1枚】 この薄さはやはり驚き。大きなディスプレーとワンセグ以外のフルスペックを盛り込んだN905iμは、そのデザインやカラーリングもファッション性に優れている
N905iμ
「N905iμ」

 今回は、ここ1年でひとつの分野を築いてきた、折りたたみできる薄型端末がテーマだ。取り上げる機種は、「DoCoMo 905i」シリーズの中でも薄さにこだわった「N905iμ」である。

 薄型端末のトレンドに火をつけたのは、ソフトバンクモバイルのサムスン製端末「XS 707SC」だった。2006年12月にリリースされたこの端末は、折りたたみ型ながら11.4mmという驚異的な薄さを実現して話題となった。

 ドコモも2007年新春に発表された「703i」シリーズに「μ」(ミュー)の名前を冠するモデルを設けて、薄型モデルの拡充路線に走る。新春にリリースが始まる「705i」シリーズにもそのモデルは継承されており、今回のテーマである「N905iμ」も生まれた。

 auはどうだろう。ワンセグと音楽機能を必ず搭載し、「全部入り」端末をスタンダードとして展開してきたauには、以前取り上げた「MEDIA SKIN」ほど薄い端末は出てこなかった。しかし、2007年秋冬モデルでは、折りたたみ型で厚さ9.9mmの「W55T」を投入した。

 これでケータイの全キャリアで、折りたたみ型の薄型端末を選べるようになったのだ。

XS 707SC W55T
「XS 707SC」「W55T」
N703iμ ちなみに僕が始めて手にした端末は「N703iμ」。厚さ11.4mmでラバー調の素材と、LEDの背面デザインがアイキャッチとなっている、スポーティーな端末であった

(次ページに続く)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン