このページの本文へ

SaaS・ASP時代の企業ネットワークの条件――NTTコミュニケーションズ提供の「統合VPN」に見るASP例②

神経がすり減りコストもかかる作業をアウトソーシングで一挙に軽減――VPNセキュリティ

2008年01月10日 00時00分更新

文● 文●アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

閉域ネットワークのVPNを通じてSaaS・ASPが利用できれば、通信のセキュリティに関する不安を企業は払拭することができる。加えて、セキュリュティ管理の負担を今までより軽減できる可能性も見逃せない。

VPNセキュリティ(NTTコミュニケーションズ)

NTTコム SaaSムック転載
VPNセキュリティのサービス概念図(画像クリックで拡大)

【問い合わせ先】
●URL http://www.ntt-vpn.com/application/security/

 企業にインターネット接続環境を導入すれば、セキュリティ対策も強化する必要がある。対策は多岐に渡るが、中でも管理者の手をもっとも煩わせるのは多数の社内PCの管理だろう。ウイルス対策ソフトの導入やアップデートのチェックはもちろん、企業の外部・内部からの不正アクセスを防ぐため、ルーターなど通信装置の設定やトラフィック監視も怠れない。「統合VPN」ソリューションの「VPNセキュリティ」は、VPNに接続されるPCのセキュリティ対策を自動化・効率化するASPだ。

 このASPでは2種類のサービスを提供している(同時に利用可能)。「PCパトロール」はVPNに接続された企業内PCのウイルス対策を一元管理するサービス。「検疫ネットワーク」は不正PCのVPNへの接続遮断や、P2Pファイル交換ソフトの強制削除も可能。いずれもセキュリティリスクに対して有効であり、管理のコストと手間を大幅に削減してくれる。利用料金はID単位で設定されているため、小規模な事業所でも導入しやすい価格体系となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ