このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週末見るコンテンツはコレ★ 第19回

【週末見るコンテンツはコレ★】

Yo-ho yo-ho!オレ達海賊~ ジョニー・デップ主演のアノ映画から石ノ森章太郎原作の名作アニメまで!

2007年12月07日 22時30分更新

文● 大石太郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週の必見映画は、シリーズ完結作となる「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」!! 主演のジョニー・デップが衝撃の役作りに挑戦した「ラスベガスをやっつけろ」も要チェック。さらに、海賊といえばゆうれい船、ということで、若き日の宮崎駿が原画スタッフとして参加している「空飛ぶゆうれい船」の3本を紹介する。

“世界の果て”で自由を叫ぶ
 囚われの姫君…ならぬ“海賊”を救出せよ!
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」のパッケージ。(C)Disney.

「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション」
DVD
価格:3990円
発売日:2007年12月5日(発売中)


「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット」(初回限定)
DVD
価格:1万290円
発売日:2007年12月14日


「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」
Blu-ray Disk
価格:4935円
発売日:2007年12月5日(発売中)


発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ホーム・エンターテイメント
http://wdshe.jp/disney/

 海賊と言えば「宇宙海賊キャプテン・ハーロック」か「小さなバイキング ビッケ」。大半の30代男子はそう答えることだろう。だが最近は少々様子が変わってきたようだ。特に若い女子の間では、海賊と言えば「ジャック・スパロウ」。こいつが定説となっている。

 説明不要の大ヒット作が待望のDVD化。シリーズのファンはもちろん、未見の人も前2作といっしょに一気に見たい大作だ。

 ディズニーランドのアトラクションを映画化……公開前は世界中の映画ファンが「失敗間違いナシ」と思っていたのだが、予想をはるかに覆す大ヒット! 「ディズニーの子供向け映画」と思って見たら思わずハートが火傷する、大迫力の王道アドベンチャー。これぞ映画というべき最高の作品だったのだ。

 なかでもジョニー・デップ扮する主人公ジャック・スパロウが素晴らしい。彼でしか表現できない、映画史に残るキャラクターを作り上げている。 世界制覇をもくろむ東インド貿易会社のベケット卿の手により、海賊たちは次々と捕らえられ、処刑されていた。生き残る道はただ1つ。9人の“伝説の海賊”を召集し、一大決戦を挑むのみ。そして決戦のカギを握る9人目の“伝説の海賊”こそ、我らがジャック・スパロウなのだが……。

 3部作の最終作にふさわしく、豪華でけれん味たっぷりのアクションが詰まった娯楽作品のお手本のような作品。エンドロール後に流れる、本当のラストシーンは必見。

 ジョニー・デップが役作りの参考にしたローリング・ストーンズのキース・リチャーズも出演。彼の意外な芸達者ぶりも見物だ。

 冬休みに家族で楽しみたい人も、自慢のAV機器の性能を心おきなく堪能したい人も、とにかく万人にお勧めしたい良作。押さえておいて損はない作品だ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画