このページの本文へ

NTTレゾナント、陸域観測技術衛星「だいち」の衛星画像を地図で利用開始

2007年11月29日 17時57分更新

文● 編集部 太田 渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTレゾナント(株)は29日、ポータルサイト「goo」で提供している地図検索サービス「goo地図」にて、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が打ち上げた陸域観測技術衛星「だいちで撮影された衛星画像の利用を本日より開始する。だいちで撮影された衛星画像を持ちいて、日本全国を網羅した地図サービスを提供するのは日本初という(2007年11月29日現在、同社調べ)。

利用イメージ 利用イメージ

 今回のサービスでは、だいちの計測機器「PRISM」と「AVNIR-2」によって撮影された衛星画像を、goo地図のスクロール地図上で提供する。通常46日ごとに国内の同じ地点の衛星画像を撮影・更新する。衛星写真の利用方法は、goo地図上で任意の地図を表示させた状態で、上部の「航空・衛星写真」をクリックする。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン