このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

A4インクジェットプリンター

レビュー:HP Photosmart C8180

2007年11月29日 22時02分更新

文● 柴田文彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タッチスクリーン採用で快適な作業効率を実現する


HP Photosmart C8180 【SPEC】
開発/販売元●日本ヒューレット・パッカード(株) 価格●オープンプライス(実売4万7000円前後)
http://www.focal.co.jp/

印刷解像度●4800×1200dpi 光学解像度●9600×9600dpi インターフェース●USB 2.0、1000Base-TXイーサネット、IEEE 802.11g/b、Bluetooth 対応システム●OS X 10.3.9以上(Leopard対応) サイズ●幅500×奥行き227×高さ449mm 重さ●13.2kg

【COMMENT】
すべての機能が専用機並みのハイエンド仕様。複合機にありがちな操作の難しさも、タッチスクリーンにより解消されている。


 日本ヒューレッド・パッカード(株)が年末商戦に送り込むインクジェット複合機群において、最上位に位置するフラグシップモデルが「HP Photosmart C8180」だ。印刷インクはシアン/マゼンタ/イエロー/ライトシアン/ライトマゼンタ/ブラックという染料系の6色を採用。印刷解像度は最高4800×1200dpiで、写真印刷にも十分堪えるレベルだ。

 他社の複合機にはない最大の特徴は、フロントパネルに装備する3.5インチのタッチスクリーン。ボタンを使わず、ほぼすべての作業を指一本で直感的に操作できる。さらに、2層式を含むあらゆるCD/DVDメディアに、最大4倍速度で書き込みが可能な「スーパーマルチドライブ」を内蔵。マックに接続していなくても、メモリーカードから読み出した写真を直接CD/DVDに記録できる。CD/DVDに保存された写真をそのまま印刷することも可能だ。

タッチスクリーンなので、操作ボタンの数はわずか5つ。給紙トレーは2階建て構造でL版/ハガキ20枚、A4/B5サイズ100枚まで普通紙をセットできる。主なインターフェースは、(1)赤目除去、(2)キャンセル、(3)フォトプリント。(4)モノクロ/カラーコピー、(5)USBポート、(6)メモリースロット、(7)光学式ドライブ──など

メモリースロットに差し込んだメディア内の写真を、簡単なメニュー操作でCD/DVDへ保存できる。Macに接続すれば、外付けドライブとしても使用可能

本体価格は少々値が張るものの、それに見合った充実のスペックで購入する価値十分の製品と言える。


(次ページに続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中