このページの本文へ

プラネックスからUXGAに対応したUSBディスプレイアダプタ「PL-USDVI」登場!

2007年11月28日 22時30分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プラネックスからUXGA(1600×1200ドット)に対応したUSBディスプレイアダプタ「PL-USDVI」が登場した。

 「PL-USDVI」は、USBポートを使用し、手軽にDVI出力を増設できるUSBディスプレイアダプタで、複数のディスプレイを1つの大きな画面として使用できる「拡張モード」と、主画面と副画面に同じ内容を表示させる「ミラーモード」の2モードを切り替えて使用することができる。

プラネックス製USBディスプレイアダプタ「PL-USDVI」 接続例
UXGA(1600×1200ドット)に対応したプラネックス製USBディスプレイアダプタ「PL-USDVI」

 なお、同様の製品としては、ラトックシステムの「REX-USBDVI」(アスペクト比4:3時が1600×1200ドット、ワイド画面時が1680×1050ドットまで対応)や、アイ・オー・データ機器の「USB-RGB」(対応解像度は、アスペクト比4:3時が1400×1050ドット、ワイド画面時が1440×900ドットまで)、海連の「サインはVGA」などが発売中だが、UXGA(1600×1200ドット)に対応しているのは本製品とラトックシステム製「REX-USBDVI」のみとなっている。

「拡張モード」 「ミラーモード」
複数のディスプレイを1つの大きな画面として使用できる「拡張モード」と、主画面と副画面に同じ内容を表示させる「ミラーモード」の2モードを切り替えて使用することができる

 主な仕様は、本体はサイズが54(W)×85(D)×18(H)mm、重量は約60g(本体のみ)。パソコンとの接続はUSB 2.0、ディスプレイとの接続はDVI(DVI-I)となる(※DVIケーブルは別売)。価格は、TWOTOP秋葉原本店で9980円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中