このページの本文へ

セキュリティー設定を簡略化

ロジテック、WEPキーが本体に印刷された無線LANアクセスポイントを発表

2007年11月28日 13時00分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテック(株)は28日、IEEE 802.11b/g対応の無線LANアクセスポイント「LAN-PWG/GAP」を12月中旬に発売すると発表した。「ニンテンドーDS」などのゲーム機ユーザーがメインターゲットの製品になる。価格は5565円。

「LAN-PWG/GAP」

「LAN-PWG/GAP」

 LAN-PWG/GAPは、セキュリティー設定をより手軽に行なえるように工夫したのが特徴の無線LANアクセスポイントだ。工場出荷時から128bit WEPの暗号キーが本機に登録されており、本体裏側のシールに印刷されたWEPキーをゲーム機などから入力することで、インターネット経由の対戦などを行なえるようになる。

 そのほかのセキュリティー機能では、WPA2-PSK(AES)、WPA-PSK(TKIP)などにも対応する。購入後にパソコンのウェブブラウザーで本機の設定画面から変更が可能だ。

 ブロードバンドモデムなどにつなぐWAN側のインターフェースは、10/100BASE-TX端子を1系統用意する。本体サイズは幅62×奥行き82×高さ19mmで、重量は55g。

WEPキー

WEPキーが印刷されたシールが貼られている

本体サイズ

本体が大人の手のひらに収まるサイズというのも特徴(写真は開発中のもの)



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン