このページの本文へ

大人気ミステリー・ファンタジー

【お知らせ】『銀竜の騎士団』第一弾「大魔法使いとゴブリン王」が発売!

2007年11月30日 00時00分更新

文● 第五書籍編集部 田島美絵子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 30日(金)に、米国で大人気のミステリー・ファンタジー「銀竜の騎士団 大魔法使いとゴブリン王」が(株)アスキーより発売されます。

銀竜の騎士団 大魔法使いとゴブリン王

『銀竜の騎士団 大魔法使いとゴブリン王』(ダンジョンズ&ドラゴンズ スーパーファンタジーシリーズ) マット・フォーベック 著/安田均 監訳/柘植めぐみ 訳/1,365円 (税込)/B6変形・上製・ホロ箔押し/336ページ/ISBN978-4-7561-5063-9

 謎解き+どんでん返し連続の“剣と魔法の少年探偵団”第一弾――米国で、あまりの人気のため、全4巻完結の予定が現在第14巻第2シーズンに突入中のミステリーファンタジーです。

★初版に限り、ホログラム銀箔カバー
★訳者による特別付録・モンスター図鑑付き
(サンプル http://www.asciibook.com/dd/d-book4.asp

 母をなくした兄弟。父が罪人の少女……限られた時間内に、「失われた魂」を救うべく、怪事件の謎をとけ!



ストーリー


 夜になると魔物がうろつく、呪われた町カーストン――魔法使いの弟子ケラックと気弱な弟ドリスコルは、ある怪事件の第一発見者となる。独自の手がかりをつかんだ二人の少年は、無理解な大人たちとは別に捜査を開始。そこに貧しい盗賊の少女モイラも加わり、限られた時間内にある魂を救うべく、危険な探索にいどむ。やがて三人の少年少女はだれも知らない事件の真相へせまっていく。そして彼らが向かった先は、ゴブリン、ゾンビ、アウルベアがひそむ〈破滅の地下迷宮〉だった。



もくじ


1 破門された魔法使いの弟子
2 おそるべきハーフ・オーク
3 呪われた町
4 殺人事件?
5 失われた魂
6 刑務所の証人
7 〈皮をはがれた猫〉亭
8 宝さがしを追え!
9 ゴブリンの運命
10 地下迷宮の罠
11 炎の追跡者
12 魔法の球の行方
13 角笛の恐怖
14 アウルベア
15 玉座の間
16 狂気のゴブリン王
17 処刑
18 夕暮れの道
19 夜の冒険
20 〈死者の館〉
21 絶体絶命
22 大魔法使い
23 銀竜の騎士団
モンスター図鑑
あとがき



担当編集者より


●謎解き+どんでん返し! 米国で大人気のミステリー・ファンタジー

 米国では、あまりの人気のため、全4巻完結の予定が現在第14巻、第2シーズンに突入中のミステリー・ファンタジーです。
 常に「なぜ?」「どうして?」と好奇心をそそられ、すらすら読める平易な文章、スピーディーな展開、どんでん返しの連続、痛快な機転をきかせた謎解きや窮地の脱出に、子供から大人まで感情移入できる、評価の高い一作です。


●これぞまさに“剣と魔法の少年探偵団”!

  • 母をなくし厳しい衛兵隊長の父に育てられた、魔法使い見習いの賢い少年ケラック
  • ちょっと怖がりでおっちょこちょいな、ケラックの弟ドリスコル
  • 父が罪人で貧しいが明るく機転のきく、盗賊の少女モイラ

の三人が主人公です。舞台は夜になると魔物がうろつく、呪われた町カーストン。その町でおこった怪事件を発端に、限られた時間内で失われてしまった魂を求め、少年少女だけで事件の謎をとき、解決に挑む感動と冒険のストーリーです。


●本屋さんもオススメ

 丸善の書店員さんによる、お薦めコメントをいただいております。
 「失われてしまった魂を求めて、知恵と勇気を振り絞り、いわくつきの遺跡に乗り込む少年たちの王道冒険物語。するりと世界に入り込め、あっというまに読み終えました。まるでRPGをするかのように読めるので、ファンタジー初心者にもお薦めです。(丸善 丸の内本店 本田由紀さん)」


週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中