このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

超人気携帯ゲーム機とワンセグとの相性は?

【フォトレビュー】任天堂「ワンセグ受信アダプタ DSテレビ」

2007年11月28日 16時30分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

DSテレビ

 ついに今月20日に販売を開始した、任天堂(株)の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS/DS Lite」用ワンセグ受信アダプター「ワンセグ受信アダプタ DSテレビ」(以下DSテレビ、関連記事)。同社サイト(http://www.nintendo.co.jp/ds/unsj/index.html)からの直販のみという販売方式をとっているが、予約開始時から注文が数多く集まり、発売後の11月末出荷ぶんの予約注文も終了し、ようやく12月4日に再開されるという人気ぶりだ。


 価格は6800円と、パソコン向けワンセグ受信アダプターや、(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「プレイステーションポータブル」向けワンセグ受信アダプターと同等の価格帯となっている。今回は、このDSテレビを写真によるレビューでお伝えする。

アンテナ本体はやや大きめ


アンテナ1 アンテナ2
DSテレビをたたんだところ。端子部保護用のカバーが付属し、使わないときはかぶせておくアンテナは270度近くまで回転して立てる。説明のシールが貼ってある面が上になる
接続 アンテナ3 アンテナ4
DS Liteに接続したところ。アンテナ部に土台が付いているのでやや傾く形になる説明に沿ってアンテナを立てた状態。アンテナの大きさがよく分かる。なお、DS Liteを立てての縦画面でも視聴できるが、その際はアンテナ部が本体の裏に隠れるので、横置きほどは目立たないアンテナを立てて横から見たところ。写真では前後にアンテナを立てているが、受信状況によっては、左右に開く状態も推奨されている
アンテナ 付属の外部アンテナを利用すれば、映りにくい地域でも快適に視聴できる場合も
ニンテンドーDS 旧モデルであるニンテンドーDSでも利用できる
上の液晶パネルにはワンセグ受信したテレビ画面が表示される(左)。“STARTボタン”で画面の拡大が可能だが、画面の両端が切れてしまうようだ(右)(ワンセグ画面にはモザイク処理を施してあります)
テレビ画面1 テレビ画面2
下画面 下の液晶パネルには受信チャンネルや字幕、各種設定が行なえる。十字キーはチャンネル移動にしか使えず、各種設定はタッチペンによるタッチ操作が必要

 次ページでは、DSテレビ上の設定項目や固有の機能について見ていこう。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン