このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第53回

【最新パーツ性能チェックVol.53】

Spiderの“4本の脚”となる「RADEON HD 3800」シリーズはゲーム環境をどう変える?

2007年11月24日 23時00分更新

文● 加藤 勝明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

CrossFire時のパフォーマンスは?

 オーバークロックをしても全体的に今一つピリッとしない「HD 3850」だが、これを複数枚差した時のパフォーマンスはどうなるのだろうか? Spiderプラットフォームでは、最高4個のGPUを運用できる「ATI CrossFire X」をサポートしている。テストに用いたマザーでは濃い青と水色のスロットが用意されているが、普通に2枚差しにするときは濃い青に装着し、3枚目以降は水色のスロットに装着する。2枚差しの時はPCI Express X16が2系統だが、3枚目以降を追加した場合は、各々のX16を2分割(つまり、X8が4系統)した状態で接続される。
 今回はリファレンスボードが運良く4枚揃ったため、一部のテストのみであるが「HD 3850」を4枚使用したATI CrossFire X環境でのテストも行なってみた。

「3DMark06」
「3DMark06」(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)
「3DMark06」
「3DMark06」(4Xアンチエイリアス&16X異方性フィルタリング)
「Unreal Tournament 3」
「Unreal Tournament 3」vCTF-SuspenseでのFlyby(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)
「Unreal Tournament 3」
「Unreal Tournament 3」vCTF-SuspenseでのFlyby(4Xアンチエイリアス&16X異方性フィルタリング)
「Unreal Tournament 3」
「Unreal Tournament 3」DM-ShangriLaでのFlyby(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)
「Unreal Tournament 3」
「Unreal Tournament 3」DM-ShangriLaでのFlyby(4Xアンチエイリアス&16X異方性フィルタリング)
「Call of Duty 4」
「Call of Duty 4」(アンチエイリアス&異方性フィルタリング無し)
「Call of Duty 4」
「Call of Duty 4」(4Xアンチエイリアス&異方性フィルタリング最大)
「Crysis」
「Crysis」(テクスチャ設定High)
「Crysis」
「Crysis」(テクスチャ設定High&4Xアンチエイリアス)
「LOST PLANET EXTREME CONDITON」
「LOST PLANET」Snow(アンチエイリアス無し&4X異方性フィルタリング、Furの品質無し)
「LOST PLANET EXTREME CONDITON」
「LOST PLANET」Snow(4Xアンチエイリアス&16X異方性フィルタリング、Furの品質&影の品質:DX10)
「LOST PLANET EXTREME CONDITON」
「LOST PLANET」Cave(アンチエイリアス無し&4X異方性フィルタリング、Furの品質無し)
「LOST PLANET EXTREME CONDITON」
「LOST PLANET」Cave(4Xアンチエイリアス&16X異方性フィルタリング、Furの品質&影の品質:DX10)

 さて結果であるが、GPU数に応じた性能の推移を見せたのはごく一部のテストのみ。テストによっては逆に性能が悪化するものもあるため、まだまだドライバ類のチューニングを重ねる必要がありそうだ。テスト中再起動をかけたらATI CrossFire X状態が解除され、2度と復帰しなくなったといった不具合もあったため、この結果は参考記録程度に考えておいた方がよいかもしれない。テストに使ったCPUが非力すぎた、という可能性も大きいため、Phenomが出回り、真のSpiderプラットフォームになった時点でもう一度ATI CrossFire Xの評価をしてみたい。

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中