このページの本文へ

世界最大のテクノロジー見本市が衣替え

来年のCeBITは変わります

2007年11月30日 00時00分更新

文● 増田祥子(編集部) 写真●萩原 淳(PACIA)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

月刊アスキー 2008年1月号掲載記事

来年3月4~9日にドイツ・ハノーバーで行われる世界最大のテクノロジー見本市、CeBITのスベン・ミハエル・プルーザー上級副社長が来日し、開催概要に関する記者会見を行った。

スベン・ミハエル・プルーザー氏
スベン・ミハエル・プルーザー氏。1989年より展示会業界入り。ハノーバー国際見本市シニアバイスプレジデントなどを経て、2006年よりCeBIT上級副社長。

開催期間は出展者数の減少などを受け、7日間から6日間に短縮される。出展者のコストを平均10%削減することで、中小企業を獲得するのが狙いだ。床面積は本年度と同等の約28万平方メートルとなる予定だが、会場レイアウトは技術そのものの情報よりも自分に合ったソリューション求める来場者が増えたことを背景に大幅に変更。来年度はビジネス、公共部門、家庭という3つのソリューションごとにゾーンが設けられ、その中で各社がブースを展開する。

「会場では、独立系の専門家がメーカーをまたぐソリューションを求める投資家のコンサルティングに応じます」

来場者数は、開催期間の短縮とユーロ高の影響で本年度の約48万人を割る見込みだ。会見ではモバイル、家電などに特化した展示会に来場者を奪われているのではないかという質問が出たが、プルーザー氏はCeBITの来場者は平均2.7分野に興味を持っていると指摘。「会期が短縮されても、取引する意志のある人は必ず来てくれるものです」と述べた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1256(2019年11月12日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

ASCII 夏のベストセレクション 2019

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中