このページの本文へ

ISAO、セキュリティ対策標準装備の高機能メールシステムのサービス開始

2007年11月22日 18時45分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ISAOは、セキュリティ対策機能を標準装備した高機能メールシステム「a2mail」のASPサービスを開始した。


メールASPサービスおよびOEMでの提供も可能


 「a2mail」は、中小企業向けに受信容量1アカウントあたり1GBをASPで提供するメールシステム。シマンテックのセキュリティ対策機能の標準装備に加え、企業のメール環境に必要な各種機能を搭載しており、数万アカウントまで利用者の増減に対応可能となっている。また、本サービスはOEMとしてISPやホスティングにも提供される。

 a2mailの主な機能は以下のとおり。

・ウイルスチェック機能
シマンテックの「Symantec AntiVirus Scan Engine」を標準装備。ASPでの提供のため、ソフトの更新期限や定義ファイルの更新を意識せず、常に最新のウイルス対策サービスを利用できる。
・迷惑メール対策機能
シマンテックの「Symantec Brightmail AntiSpam」を標準装備。迷惑メール検知時に、メールの件名に任意の文字を追加する機能やメールサーバにて迷惑メールを隔離し、ユーザーのメールボックスに届かないようにするなどユーザーごとに詳細な許諾設定をすることも可能。
・Webメール/携帯メール機能(3キャリア対応)
インターネットに接続する環境があれば、外出先でもブラウザや携帯電話でメールのチェックが可能。メールの検索機能やアドレス帳におけるグループ設定、一覧表示時の項目変更など閲覧時の詳細設定も可能。
・管理者向けサポートツール
ブラウザを使用してメールアカウント管理や迷惑メール管理、メール転送設定、作業ログ確認などが容易に行なえる。
・詳細な設定が可能なメール転送サービス
メールの全文転送、件名や送信者のみの転送、また転送条件を付けて特定のメールだけを転送することができる。外出先でも重要なメールの受信を確認できる。

 利用料金はメールASP基本サービスの場合、20アカウント初期費用6万円、月額6000円から。OEMでの提供は別途見積もり必要。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ