このページの本文へ

10年以上利用で月2万900円以上のユーザーは100円あたり7ポイントに

ドコモプレミアクラブで長期継続利用者のポイント獲得率がアップ

2007年11月22日 18時06分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は22日、同社携帯電話機利用者向けの無料会員サービス「ドコモプレミアクラブ」にて、2008年4月から長期継続利用者のポイント獲得率をアップさせると発表した。

ポイント獲得率の変更イメージ

ポイント獲得率の変更イメージ。縦軸が利用金額、横軸が継続利用期間を示している

 現在、同クラブのポイントプログラムでは年間の平均利用額により利用者の「ステージ」(4段階)を決定し、ステージによってポイント獲得率が変わる制度を採用しているが、今後はステージを決定する条件に継続利用期間を加える。これにより、年間利用額にかかわらず、10年以上継続利用しているユーザーは現在での最上位にあたる「プレミアステージ」になり、8年以上のユーザーは「3rdステージ」、5年以上のユーザーは「2ndステージ」になる。

 ポイントの獲得数についても変更が加えられる。現在1stステージでは100円あたり2ポイント、2ndステージでは3ポイント、3rdステージでは4ポイント、プレミアムステージでは5ポイントが獲得できるが、今後はこれに加えて、継続利用期間が10年以上で、なおかつ1ヵ月あたりの平均利用額が2万900円以上のユーザーは7ポイント獲得できるようになる。

 なお、法人ユーザー向けの「ドコモビジネスプレミアクラブ」についても継続利用期間を考慮したポイント制へと変更するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン