このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第52回

【最新パーツ性能チェックVol.52】

AMDのネイティブクアッドコア「Phenom」がついにデビュー

2007年11月22日 15時21分更新

文● 宇野 貴教

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Athlon 64シリーズと比較すると?

 今回は比較対象となるクアッドコアCPUを用意できなかったため、「Athlon X2 BE-2350」(2.1GHz)と比較して従来のAthlonシリーズからどれくらいパワーアップしたかを重点的にチェックしてみることにする。「Phenom 9600」はクロックが1.095倍、コア数が2倍なので4スレッドなら2.19倍となり、この数値が目安となるだろう。
 まず1スレッドあたりの性能を見てみよう。CineBench9.5の1CPUのスコアを見ると、「Phenom 9600」は約1.17倍となっている。キャッシュの容量と速度が大きく影響するSuperπの結果も大きく上回っている。このことから、1コアあたりの性能はAthlon 64シリーズよりも上であることは間違いない。
 マルチスレッド関連のベンチも1.9~2.35倍の結果が出ており、Athlon 64シリーズよりも同程度からやや速いといった傾向がうかがえる。ただ、その差は劇的なものではなく数%程度であり、正直なところ新しいアーキテクチャが採用された割にはインパクトに欠ける数値と言わざるを得ない。2.3GHzという低めの動作クロックも物足りなさを感じてしまう。この「Phenom 9600」のライバルと目されるのは、同価格帯に並ぶ「Core 2 Quad Q6600」(2.4GHz)であり、この数値ではパフォーマンス勝負は厳しいだろう。

CineBench9.5 Rendaring(単位:score)
CineBench9.5 Rendaring(単位:score/) Fast→
3DMark06 CPU Test (単位:score)
3DMark06 CPU Test (単位:score) Fast→
Sandra XII(単位:秒)
Sandra XII (単位:score) Fast→
SuperPI 104万桁×20ループ(単位:秒)
SuperPI 104万桁×20ループ(単位:秒) ←Fast

3次キャッシュの効果は果たして……

 Phenomで興味深いのが、すべてのコアで共有する2MBの3次キャッシュの存在だ。この新たなキャッシュの性能を見るため、Sandra XIIのメモリ関連のベンチマークも試してみることにする。これを見ると、各コアに搭載されている1次キャッシュと2次キャッシュの性能は大幅にアップしているようで、いずれも「BE-2350」の5倍近いスコアになっている。2次キャッシュは各コア512KBなので、1MB近辺が3次キャッシュのゾーンとなるのだが、ここも1次、2次キャッシュほどではないが、かなりの速度が出ていることがわかる。1次、2次キャッシュが圧倒的に、3次キャッシュも十分高速と言える数値であり、キャッシュに大きく影響されるアプリケーションではかなりの速度が期待できると言える。

Sandra XII Cache & Memory Benchmark
によるメモリのデータ転送速度(単位:MB/s)
TestBlock Size Phenom 9600 BE-2350
2KB 130223 31035
4KB 159724 30366
8KB 152641 31783
16KB 155465 32490
32KB 164630 31216
64KB 142651 26102
128KB 128956 24083
256KB 120513 15682
512KB 81933 13133
1024KB 68997 7717
4096KB 30667 2855
16384KB 4568 2735
Sandra XII Cache &#38
Sandra XII Cache & Memory Benchmark

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中