このページの本文へ

池袋の「缶詰専門バー」に突撃

「開けてみるまで分からない」 そこに、男のロマンがある

2007年11月22日 11時30分更新

文● アスキー・ジャンク部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

高級そうだが実はリーズナブル


メニュー 店内の様子
店の奥にはゆったりしたソファー席もある。「お気に入りのワインを買ったけど1人じゃ飲み切れない」なんてときに、仲間と集まるのも楽しいかもバーカウンターには1人用の小さいテレビが埋め込まれていたり、ネット接続もできるので、1人でふらりとくるお客さんが多いという。

 一見、普通のバーといった雰囲気の「BAR 挽歌」だが、そのシステムはかなりユニーク。1人1時間1000円(15分延長ごとに250円)のチャージ制となっていて、酒や食べ物の持ち込みが自由。もちろん、店にもお酒とおつまみ(=缶詰)が用意されているのだが、その値段はかなり安い。例えばアサヒ「スーパードライ」の中ビンが1本260円、サントリー「ローヤル12年」が1杯350円。缶詰も「さんまの蒲焼」や「焼き鳥」が120円だ。

 実は「BAR 挽歌」では、メニューのほとんどを仕入れ値で提供しているという。チャージさえもらえれば、それ以外で利益を出すつもりはあまりないようだ。

 意外とリーズナブルで、気取った店ではないことが分かり、ようやく変な汗も引いてきてホッとする。



定番から珍しいものまで、100種類の缶詰が揃う


ずらりと並ぶ缶詰
カウンター奥にずらりと並ぶ缶詰。100~300円台のものが多いので注文しやすい
熊肉やイノシシ肉 「蜂の子」や「いなご」 高級感のある缶詰
「熊肉」や「イノシシ肉」などの変り種。海外製の缶詰もある珍味系の「蜂の子」と「いなご」。オープンから1年以上たつが、蜂の子にチャレンジしたのは2人しかいなかったそうな日本酒に合いそうな高級感のある缶詰たち。5000円近くする「フカヒレ」の缶詰もあるらしい

 さて、気になる「BAR 挽歌」の缶詰の品揃えを見ていこう。メニューには、おなじみの「おでん缶」はもちろん、「さんまの蒲焼」などの定番ものから、「さばカレー」「熊肉」「イノシシ肉」「パンの缶詰」などちょっと変わったもの、さらには「いなご」や「蜂の子」などの珍味系まで、約100種類がそろっている。

 せっかくなので、いくつか気になるものを試してみた。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン