このページの本文へ

ソニー、動画共有サービス「eyeVio」でHD画質コンテンツの配信を開始

2007年11月20日 16時32分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー(株)は20日、動画共有サービス「eyeVio」(アイビオ、関連記事)で、ハイビジョン画質のコンテンツを配信する「eyeVio HD」を開始したと発表した。同日発売されたネットワークTVボックス「BRX-NT1」(関連記事)専用のサービスとなる。

eyeVio HD
eyeVio HD

 eyeVio HDの解像度は1280×720ドットで、ファイル形式はMPEG-4 AVC。配信されるコンテンツはパートナー企業/クリエイターによって提供されるが、2008年春以降には一般ユーザーがパソコンからハイビジョン画質のコンテンツを投稿できるようにする予定という。

 パートナー企業および各企業が配信するコンテンツは以下のとおり。

空気(株)/(株)ゼネラルアサヒ クロスメディア事業部 CGチーム
放課後MIDNIGHT
SUPA VISION
あみじゃかん/Japanese Mind PV、コルボッコロ エンディングムービー
DreamCraft
晴香葉子の恋愛バイブル
ポッドキャストプロモーションLLC
ミラーボール星人 ダンス☆マン、週刊女子大生バトン
minchik(ミンチク)
Beatney Girls
(株)シンク
タカピカーナ、コルボッコロ
映画いじり
スーパーマン☆いじり1、2、3

初出時、コンテンツ名を「現役女子大生バトン」と記載しましたが、正しくは「週刊女子大生バトン」となります。(2007年11月21日)


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン