このページの本文へ

富士通、300GBのUSB接続型2.5インチHDDを発売

2007年11月20日 12時16分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通(株)は20日、USB接続型の外付け2.5インチHDD「HandyDrive」の新製品として、容量300GBのモデルを今月23日に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、予想実売価格は3万5000円前後。

HandyDrive(300GBタイプ)
HandyDrive(300GBタイプ)

 HandyDriveは、同社製の静音性の高いHDDドライブを採用しており、作動音を15dBに抑えているHDD。また、英語版Windows VistaおよびMac OS X 10.4を正式サポートしている(サポート対象は国内のみ)。

 インターフェースはUSB 2.0/1.1。出荷時はFAT32でフォーマットされている。本体サイズは幅82×奥行き142×高さ22mm、重量は約240g。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me、Mac OS X 10.1~10.4.11。電源はUSBバスパワーまたは別売りACアダプターを使用する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン