このページの本文へ

何故……!? メモリDDR2 1GBを搭載する「GeForce 8600 GT」カードがPalitから!

2007年11月15日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAのミドルレンジ向けGPU「GeForce 8600 GT」を採用しながらも、メモリにDDR2 1GBを搭載するという一風変ったPCI Express x16対応ビデオカード「GeForce 8600GT Super+1GB」がPalitから発売された。

「GeForce 8600GT Super+1GB」 製品ラベル
ミドルレンジ向けGPU「GeForce 8600 GT」を採用しながらも、メモリにDDR2 1GBを搭載するという一風変ったPCI Express x16対応ビデオカード「GeForce 8600GT Super+1GB」

 搭載メモリに1GBを採用する製品は、ハイエンド系ビデオカードなどにないことはないが、今回の「GeForce 8600 GT」のようなミドルレンジ向けGPUを採用する製品で搭載する例は稀。最終的にパフォーマンスにどれほどの影響を与えるかは未知数だが、やはりメモリが多いとなんとなくいい気分になってしまう。
 しかも、今日から販売しているドスパラ秋葉原本店では価格1万6480円。メモリ256MB版や512MB版の他社製カードと比較しても、なお安いというまさに“Palitプライス”である。製品は厚めの冷却ファンを搭載した2スロット仕様で、ブラケット部の構成はDualDVI/TV-OUTという構成だ。

ブラケット部 裏面
製品は厚めの冷却ファンを搭載した2スロット仕様で、ブラケット部の構成はDualDVI/TV-OUT。やはりメモリが多いとなんとなくいい気分になってしまう

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中