このページの本文へ

Illustratorに96種類の変形/エフェクトを追加できる

フラッシュバック、Illustrator用プラグイン「FILTERiT4 v4.2」を発表

2007年11月16日 02時02分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)フラッシュバックは15日、「Adobe Illustrator」用のプラグイン「FILTERiT4 v4.2」を発売した。価格は2万9400円。

FILTERiT4 v4.2パッケージ バージョンアップによって、Mac版はユニバーサルバイナリー化するとともに、最新のMac OS X 10.5(Leopard)に対応している

FILTERiT4」は、「Adobe Illustrator」に96種類の変形・エフェクトを追加する定番プラグインソフト。「ワープツール」や「ウェーブツール」パターンを選び、オブジェクトをドラッグするだけで作業画面上でリアルタイムに加工が可能。また、「3D」「エンボス」「ネオン」といった手動では作業が難しい効果も搭載するなど、「Adobe Illustrator」の表現の幅を大きく広げてくれる。

ほかにも、リアルタイムでプレビューしながらパラメーターを設定し、あとから何度でも修正ができる「ライブ」機能も搭載。「Adobe Illustrator」の「効果」と同様の使い勝手だ。

FILTERiT4 v4.2インターフェース
製品ページでは、15日間無料のデモ版のダウンロード配布も実施している

「Adobe Illustrator 8」以上で利用可能。対応システムは「Adobe Illustrator」の各バージョンに依存するが、プラグイン自体はMac OS X 10.5またはWindows Vistaでも動作する。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中