このページの本文へ

運用の効率化や省電力でITのシンプル化を実現――デルが新世代サーバを発表

2007年11月15日 19時18分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

株式会社デルは11月15日、都内で記者会見を開き、新世代サーバ6製品とサーバ監視ソフト1製品を発表した。これらの製品により同社のIT戦略「ITのシンプル化」をさらに推し進めていくという。


電源監視や管理機能、仮想化対応を強化し、ITのシンプル化に貢献


 「IT環境において、顧客が抱えている問題は4つある。運用管理、熱・空調対策、搭載密度、セキュリティがそれにあたる。今回発表する新製品はそれらを解決するものだ」

 会見に出席した、DELL Inc.アジア太平洋地域 エンタープライズ・プラットフォーム&ソリューション・マーケティング ディレクターのクレイグ・スラッタリー氏はこのように語った。

DELL Inc.アジア太平洋地域 エンタープライズ・プラットフォーム&ソリューション・マーケティング ディレクター クレイグ・スラッタリー氏
DELL Inc.アジア太平洋地域 エンタープライズ・プラットフォーム&ソリューション・マーケティング ディレクター クレイグ・スラッタリー氏

デルは同社のITに関するグローバル戦略として「ITのシンプル化」構想を発表している。ITインフラを“標準化”“統合”“自動化”の3つを推し進めることで、ITの生産性を向上させようというもの(関連記事)。本日発表されたサーバ製品6機種、サーバ管理ソフトは同社のその戦略に基づいたコンセプトを持つ。

 今回発表されたサーバ製品は以下の6つ。

  • Xeon X7300を搭載する4U4ソケットのハイエンドサーバ「PowerEdge R900」
  • 大容量ストレージを備えた2ソケット/2Uサイズのラックサーバ「PowerEdge 2950 III」
  • 高い拡張性を備える2ソケット/タワー型(5U)のタワーサーバ「PowerEdge 2900 III」
  • 2ソケット/1Uサイズのラックサーバ「PowerEdge 1950 III」
  • 1ソケット/1Uサイズのエントリーラックサーバ「PowerEdge R200」
  • Opteron搭載の1ソケット/タワー型のSMB向けサーバ「PowerEdge T105」

 6製品すべてでTPM1.2セキュリティチップの搭載やBIOSによる論理キーと物理キーの二重化によるデータの保護など、セキュリティ面を強化している。また、R200およびT105以外の4製品では、RAID6に対応したRAIDコントローラを搭載。また、PowerEdge 2950 III/1950 IIIでは10GBitイーサネットやiSCSIブートもサポートする。

 また、サーバ管理ソフトとして「DELL OpenManage5.3」も合わせて発表された。サーバごとの消費ワット数やピーク時の電力消費量を確認できる「電源監視機能」や仮想化環境におけるゲストOSのリソース状況の確認機能、管理コンソールの集約などによって、全体的なシステム状況の把握を効率化させている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ