このページの本文へ

ライフサイズ・コミュニケーションズ、低価格を売りにしたHD対応ビデオ会議システム

2007年11月13日 22時42分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ライフサイズ・コミュニケーションズは、HD(高精細画質)対応のビデオ会議システムの新製品を発表。販売は、今年6月に総販売代理店契約を結んだ日立ハイテクノロジーズが行なう。


高精細画質のビデオ会議システムを低価格で実現


 ライフサイズ・コミュニケーションズ(以下、ライフサイズ)は、HD対応のビデオ会議システムを開発する米国のメーカーで、世界30カ国以上で製品を販売している。このたび、日本国内向けに「LifeSize Express」「LifeSize Team MP」「LifeSize Conference」の3製品を新たに発表した。いずれも、16:9の画面比率で720p(垂直解像度が720本)、毎秒30フレームの送受信に対応している。

ライフサイズ・コミュニケ ーションズが低価格を売り にしたHD対...
2拠点をHDで結ぶビデオ会議システム「LifeSize Express」は、価格が120万5400円

 もっとも安価な「LifeSize Express」(写真)は、2拠点接続が可能でカメラとスクリーンそれぞれ1台ずつのセットが120万5400円。「LifeSize Team MP」は、4拠点同時接続が可能で、同じくカメラとスクリーンが1台ずつで189万円。また価格は未定だが、マルチモニターに対応した「LifeSize Conference」は2007年第4四半期中に販売を予定している。これらはすべて、総販売代理店の日立ハイテクノロジーズに加え、東和エンジニアリングや伊藤忠テクノソリューションズなどの代理店が販売を行なうということだ。

カテゴリートップへ

ピックアップ