このページの本文へ

イメージキャラクターに女優の井川 遥さんを起用

京セラ、スリムワンセグ「W53K」新CM発表会を開催

2007年11月13日 21時11分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 京セラ(株)は13日、都内・恵比寿に報道関係者を集め、au携帯電話機「W53K」の新CM発表会を開催した。イメージキャラクターに女優の井川 遥さんを起用し、今月23日(金)よりオンエアされる予定。

井川 遥さん

CMやドラマなどで活躍中の女優 井川 遥さん

 発表会には、今回新たにイメージキャラクターとしてCMに出演した女優の井川 遥さんが登場! CMにまつわるエピソードなどについてコメントした。

 井川さんは、CM撮影時の苦労したエピソードとして「CMが白と黒で左右対称の構成になっていて、ジャンプして交差するシーンを撮るときに、ジャンプして同じ地点に着地しないといけないので、何度も歩幅などを計算する必要があって難しかった。でも、難しかったけど撮影はなんだかすごく楽しかったです」と語った。

 また、普段の撮影では「笑顔でいることが多い」という井川さん、今回のCMではモノトーンの落ち着いた雰囲気なため、「あまり表情は作らず、動きで見せるようにした」という。

 そのほか、本日より井川 遥とW53Kのスペシャルサイトとして「http://w53k.jp」(下記関連サイト参照)がオープンしている。CMのメイキング映像やW53Kの使い方などの情報を提供しているので、気になっている人は要チェック!


 なお、発表会に井川さんのほかにも、京セラ 執行役員常務 通信機器関連事業本部 副本部長の鳥山英一氏と、通信機器関連事業本部 マーケティング部 部長の井上 優(いのうえ まさる)氏が出席し、鳥山氏は「手に持ってちょうどいい大きさに、ワンセグなど基本の機能を詰め込んだケータイ」と述べた。

 井上氏は、同社の携帯電話事業の方針として、「機能や薄さ、サービスなど単純にスペックを追求するのではなく、ユーザーのニーズに答えるケータイを」と述べ、「スリムとデザイン、機能のベストバランスを追求した『W44K』のコンセプトをW53Kでも踏襲している」と語った。

鳥山さん

執行役員常務 通信機器関連事業本部 副本部長の鳥山英一氏

井上さん

通信機器関連事業本部 マーケティング部 部長の井上 優氏

W53K

機能だけを追求するわけではなく、使い勝手を重視したという「W53K」

薄さ

幅49mm、薄さ15.4mmのボディーは、手に収まるちょうどいいサイズ

ボタン

ポケットから出すときに指が当たる場所にボタンを配置し、ボタンを探す手間を省いている

お詫びと訂正:記事初出当時、執行役員常務 鳥山氏の氏名を誤って記載しておりました。該当部分を訂正するとともにお詫び申し上げます(2007年11月14日)。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン