このページの本文へ

賞金は総額1000万米ドル

米グーグル、Android用アプリケーションの開発コンテストを開催

2007年11月13日 14時50分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米グーグル(Google)社は12日(現地時間)、同社が6日(日本時間)に発表した携帯電話用プラットフォーム「Android」(アンドロイド、関連記事)を利用した応用ソフトの開発者に総額1000万ドル(約11億円)を提供するコンテスト「Android デベロッパー チャレンジ」を実施すると発表した。

 Android デベロッパー チャレンジの賞金1000万米ドルは、第1期と第2期に等分されて提供される。第1期の応募期間は2008年1月2日から3月3日までで、最も有望とされるプロジェクトが50件、3月末までに選定され、それぞれに2万5000ドル(約280万円)が提供される。そこから5月1日までにさらに絞り込まれ、10件のプロジェクトに各27万5000ドル(約3100万円)が、さらに10件のプロジェクトに各10万ドル(約1100万円)が提供される。最後に、この中で最も優秀なアプリケーションが5月末に発表されるという。第2期に関しては、2008年下半期にAndroidを搭載した携帯電話機が発売された後に実施されるとしている。

 アプリケーションの開発に必要なAndroid SDKは同社ウェブサイト(下記関連サイト参照)で無料で公開されている。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン