このページの本文へ

Antec「Sonata Designer 500」が発売!フロントパネルの単体販売もあり!

2007年11月09日 22時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCケースの人気メーカーAntecから、同社製500W電源を標準搭載した「Sonata Designer 500」が発売となった。従来シリーズからフロントデザインを変更したモデルだ。

「Sonata Designer 500」 ポップ
PCケースの人気メーカーAntecから、同社製500W電源を標準搭載した「Sonata Designer 500」が発売。二重構造スチールと二重構造プラスチック遮音パネルを使用した静音ケース「SOLO」をベースとした製品だ

 「Sonata Designer 500」は、同社から発売されている二重構造スチールと二重構造プラスチック遮音パネルを使用した静音ケース「SOLO」をベースとしたと思われる、いわば「SOLO」のフロントパネル変更版ともいうべきもの。加えて、500Wの電源ユニットを標準搭載。外観もパネルを変更したことで明るくなった印象だ。
 内部は「SOLO」と同じで3.5インチシャドウベイの1つに2本のゴムバンド左右から「ねじる」ことでHDDを固定する「HDDサスペンションシステム」を採用。ベイ数は5インチベイ×4(うち3.5インチ兼用が1)、3.5インチシャドウベイ×4(サスペンションシステム時は3)という構成。サイズは205(W)×468(D)×430(H)mm。ファンはリアに120mm角の3可変速のものを1基搭載しているほか、フロントに92mm角ファンを2基増設可能。価格は高速電脳で2万3800円、ドスパラ秋葉原本店とT-ZONE.PC DIY SHOP、TSUKUMO eX.、ツクモケース王国で2万4800円となっている。

内部 特徴
内部は「SOLO」と同じで3.5インチシャドウベイの1つに2本のゴムバンド左右から「ねじる」ことでHDDを固定する「HDDサスペンションシステム」を採用。500W電源はATX 12V Ver2.2 80PLUS認証のものを搭載する

 なお、同時にフロントパネルのみの単体販売もスタートしている。すでに販売中の「SOLO」と「Sonata」で使用可能というもので、オレンジの「SD Bezel-Fiji Orange」とブルーの「SD Bezel-Icelandic Blue」、グリーンの「SD Bezel-Amazon Green」の3種類をラインナップ。今現在、どちらかのケースを使用中のユーザーはもちろん、電源はいらないのでパネルと「SOLO」or「Sonata」をセットで購入するというのもありかもしれない。価格は高速電脳とBLESS秋葉原本店、TSUKUMO eX.、ツクモケース王国で3280円だ。

フロントパネルのみ ポップ
フロントパネルのみの単体販売もスタート。3種類をラインナップしており「SOLO」or「Sonata」の交換用パネルとして使用が可能だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中