このページの本文へ

クリプトン、「VOCALOID 2」第2弾「鏡音リン」の情報を公開

2007年11月08日 12時57分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クリプトン・フューチャー・メディア(株)は8日、メロディーと歌詞を入力することでバーチャルキャラクターに音声で歌を歌わせることができるソフト「VOCALOID(ボーカロイド) 2」シリーズの新製品として、「鏡音リン」(かがみね・りん)について、同社ブログにて情報を公開した。発売日、価格は8日時点で未定。

鏡音リン 同社ブログで公開されている鏡音リンのイラスト

 鏡音リンは、声優としてXbox 360用ソフト「アイドルマスター」の双海亜美・真美役などを担当した下田麻美さんを起用した。「声の通りが良く、言葉が聞き取りやすいハッキリとしたサウンド」を特徴としており、前作の「初音ミク」がアイドルポップスやダンス系ポップスを得意としていたのに対し、ダンス系/ロック系ポップスや歌謡曲/演歌系ポップスを得意としている。

 また、声をより男性的/女性的に変える機能「ジェンダーファクター」への適応性が初音ミクより上がっているという。例えば男性的な要素を加えることで声の量感や太さが加えられた“女性ソウルシンガー風”になり、逆に女性的な要素を加えることで電気的でビリビリとした質感の“チビ声”になるという。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン