このページの本文へ

渋谷のクラブでDJプレイに酔いしれる

パイオニア、DJ用CDプレーヤーなどの一般ユーザー向け発表会を開催

2007年11月07日 22時58分更新

文● 編集部 橋本 優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パイオニア(株)は7日、DJ用CDプレーヤー「CDJ-400」を発表した。同日には、4日に発表されたプロDJ向け映像・音声ミキサー「SVM-1000」とともに、一般ユーザー向けの発表会が渋谷のクラブ「WOMB」(ウーム)で開催された。

「CDJ-400」。中央の円形部分のダイヤルを回すことで操作を行なう
「CDJ-400」。中央の円形部分のダイヤルを回すことで操作を行なう

 CDJ-400は、次々と曲をつないだり、複数の曲をミックスする「スクラッチ」機能を新たに搭載したDJプレイ用CDプレーヤー。同社のDJプレイ用CDプレーヤーのエントリーモデル「CDJ-200」の後継機種で、発売は12月上旬。想定実売価格は7万円前後。

「CDJ-400」にUSBメモリーデバイスを差すことで、メモリーに収録されているMP3の楽曲をミキシングできる
「CDJ-400」にUSBメモリーデバイスを差すことで、メモリーに収録されているMP3の楽曲をミキシングできる

 CDJ-400ではUSBストレージデバイスに収録されたMP3楽曲の読み込みに対応。音楽CDだけではなくMP3の楽曲も組み合わせてDJプレイが行なえるようになった。また、“ブルブル”という効果音を付加する「BUBBLE」(バブル)、音を一定時間ミュートしているような効果を出す「TRANS」(トランス)、ギターなどの「ペダルワウ」(ワウワウワウ~という音を作り出すペダル)の効果を出す「WAH」といった「スクラッチジョグエフェクト」を搭載。任意の音で4拍のループを自動で組む「ビートループ」といったループ機能も3種類使用できる。

パソコンとの連携も可能
パソコンとの連携も可能

 そのほかに、パソコンとCDJ-400をUSBで接続することで、同社のDJソフト「DJS」やニュージーランド Serato社の「Scratch Live」といったソフトをCDJ-400で操作することが可能。またMIDIコントローラーとしても使用できる。

 対応するCDは、音楽CDフォーマット(CD-DA)のCD-ROM、CD-R/RWメディア。出力端子はアナログ、デジタルで各1系統ずつ搭載する(RCAピン)。

「SVM-1000」
タッチパネルディスプレーにより、各種エフェクトを指で操作できる「SVM-1000」(2008年1月下旬発売、想定実売価格は65万円前後)。

 発表会は主に「SVM-1000」の話が中心で、会場入り口には列ができるほどの大勢の人たちが詰め掛けた。また、発表会では3人のDJがSVM-1000で実際にDJプレイを披露し、観客を沸かせた

音楽プロジェクト「Fantastic Plastic Machine」の田中知之氏のDJプレイの様子
音楽プロジェクト「Fantastic Plastic Machine」の田中知之氏のDJプレイの様子
会場は大勢の人で満杯状態
会場は大勢の人で満杯状態

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン