このページの本文へ

マルチタッチ・インターフェースを採用した新感覚DJコントローラー

イーフロンティア、DAWコントローラー「JazzMutant Dexter」 「同Lemur」を発表

2007年10月31日 19時55分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)イーフロンティアは31日、マルチタッチ・インターフェスを採用した仏ジャズ・ミュータント社製のDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)コントローラー「JazzMutant Dexter」と「同Lemur」を11月26日に発売すると発表した。価格は「Dexter」が52万円、「Lemur」が47万2500円だ。

efro01
「Cubase 4」「Logic Pro」「Logic Studio 8」のコントロールに特化した「JazzMutant Dexter」は、従来のタッチパネルとは異なり、10本の指すべてを画面上で同時に動かしても処理できる。液晶パネルに描かれたインターフェースを見ながら複数のトラックの音量を同時に変えるなど、直感的な操作が可能だ
efro02
「JazzMutant Lemur」はコントロールしたいソフトに対して、自分自身で画面上のインターフェースをレイアウト可能。オーディオソフトのみならず、3Dアニメーションや照明制御など、さまざまなソフトと組み合わせて使える。MIDIおよびOSCに対応した機器をコントロールできる

ともにプロクリエイター向けのコントローラーで、PCやMacとは100Base-Tイーサネットで接続。両機にハードウェア的な違いはなく、搭載するOSが異なっているだけだ。タッチセンサーを備えた液晶モニターには、800×600ドットの12インチTFTを採用しており、本体サイズは幅368×奥行き294.6×高さ30mm、重さは2.5kg。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中