このページの本文へ

GimmeSomeTune(ギミサムチューン)

2007年11月06日 10時41分更新

文● Tom

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Q
iTunes Storeで販売されていないアルバムのアートワークを、自分で入手して追加するのが面倒……。手軽な方法はないのでしょうか?
A
再生しているだけでジャケット画像をアマゾンから自動的に取得できるソフトがあります。
今回紹介するオンラインウェア
GimmeSomeTune GimmeSomeTune
開発元/Eternal Storms Software
種別/フリーウェア
インストール/単純コピー
http://www.eternalstorms.at/

アマゾンからジャケットイメージを取得

 iTunesはiTunes Storeで購入した曲に自動的にアートワークを追加してくれる機能がある。iTunes 7では、「環境設定」の「一般」タブで「持っていないアルバムアートワークを自動的にダウンロードする」をオンにしてみよう。しかし、iTunes Storeで販売されていないアルバムのアートワークは提供されない。購入したCDのジャケット画像をスキャナーなどで取り込んで埋め込むことは可能だが、数が多いとそれも面倒だ。

「GimmeSomeTune」を起動しておくと、アートワークがない曲を再生するだけでアマゾンのウェブサイトからジャケット画像を取得し、曲ファイルに埋め込める。

GimmeSomeTune
ジャケット画像を取得するには、「環境設定」の「Coverart, Lyrics」タブで「アートワークが見つからない場合に〜」にチェックを入れておけばいい。洋楽の歌詞がほしいなら「leoslyrics.comから〜」もオンにしておこう

もちろん、邦楽にも対応し、洋楽であれば歌詞も取得可能。そのほか、ホットキーでiTunesを制御したり、再生中の曲のアートワークをiChatのユーザーアイコンに設定する機能もある。

GimmeSomeTune
「iChat」タブで「アートワークをiChatのアバターに使用」をチェックすると、iTunesで聴いている曲が切り替わった際、iChatのアバターもその曲のアートワークに切り替わるようになる。音楽好きの友達とチャットしているときに使うと面白い

(MacPeople 2007年9月号より転載)


■関連サイト

ご要望をお寄せください

付属ソフトでできないことを実現したい、Windowsでできる作業をMacでもやりたい──といった悩みや要望をお待ちしています。件名に「オンラインウェアQ&A」と明記し、都道府県名と氏名(ペンネーム可)、要望内容を「macpeople@mac.com」までお送りください。

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中