このページの本文へ

さらに小さく!国内最小、最軽量をうたうBluetoothアダプタが発売中!

2007年10月18日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プラネックスから国内最小、最軽量をうたうUSB型のBluetoothアダプタ「BT-MicroEDR」が発売された。

「BT-MicroEDR」 プラネックスから国内最小、最軽量をうたうUSB型のBluetoothアダプタ「BT-MicroEDR」が発売

 国内最小をうたうBluetoothアダプタとしては、9月に発売されたプリンストン「PTM-UBT3S」があるが、サイズは14(W)×19(D)×4.5(H)mm。今回登場した「BT-MicroEDR」のサイズは12(W)×19(D)×4.5(H)mmなので、若干幅が小さいことになる。出力クラスはClass2で、通信距離は約10m。価格はアークで2280円、秋葉館で2380円、クレバリー1号店とクレバリーインターネット館で2388円となっている。

「BT-MicroEDR」本体 使用例
「BT-MicroEDR」のサイズは12(W)×19(D)×4.5(H)mm。9月に発売されたプリンストン「PTM-UBT3S」より小さい

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中