このページの本文へ

デル、NTSC比92%の22インチ/19インチワイド液晶を発売

2007年10月18日 15時38分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デル(株)は18日、液晶ディスプレーの新製品として、22インチワイドWSXGA+(1680×1050ドット)表示の「2208WFP」と、19インチワイドWXGA+(1440×900ドット)表示の「1908WFP」の2製品を本日発売したと発表した。価格は順に、5万8800円、4万8800円。ともにNTSC比92%の色再現性を持つ「Dell True Color」液晶パネルを採用しているのが特徴。

2208WFP

2208WFP

 2208WFPは、コントラスト比が1000:1、輝度は300cd/m2、応答速度(中間階調)は5ms。視野角は上下左右ともに160度に対応する。チルト角は上21度/下4度、スイーベルは左右各45度に対応。VESAマウントは100mm。

 インターフェースはDVI-D(HDCP対応)とアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)を各1系統搭載。Hub機能に対応するUSB 2.0×4も備えている。本体サイズは幅511.4×奥行き138.5×高さ460.2(最低時360.2)mm、重量は6.75kg。電源は内蔵ACアダプターを利用し、消費電力は最大75W(待機時2W以下)。

1908WFP

1908WFP

 1908WFPの主な仕様は、サイズを除いて2208WFPと共通。本体サイズは幅442.8×奥行き187.4×高さ438.6(最低時318.6)mm、重量は5.9kg。電源は内蔵ACアダプターを利用し、消費電力は最大75W(待機時2W以下)。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン