このページの本文へ

WAM Photo実写速報 第20回

リコー「Caplio R7」

2007年10月23日 00時00分更新

文● カメラマン 岡田清孝

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マクロ撮影にも強い
スリムな高倍率コンパクト


Caplio R7の正面

リコー「Caplio R7」。本体正面

背面

背面

 (株)リコー「Caplio R7」は薄さ20.6mmのスリムボディに28~200mm相当の光学7.1倍ズーム、有効815万画素CCDを搭載。広角側で最短1cm、望遠側でも25cmのマクロ撮影が可能。より背景のボケを生かしたり、形の歪みが少なく写真を撮ることができる。顔認識やCCDシフト式手ぶれ補正といった定番に加え、白黒やセピア調の画像が同時に撮れる“カーラーブラケット”や、撮影画像の階調色調を補正する機能も備えている。



撮影サンプル


撮影サンプル

撮影時状況 ●焦点距離 73mm相当 ●プログラム オート(絞りF4.6・シャッタースピード1/3秒) ●ホワイトバランス オート ●ISO 800 ●JPEG最高画質



解像度検証


ISO 12233 解像度チャート

ISO 12233 解像度チャート



感度露出検証


露出+0.3

露出+0.3

露出+0.7

露出+0.7

露出+1

露出+1

露出-0.3

露出-0.3

露出-0.7

露出-0.7

露出-1

露出-1



ホワイトバランス検証


WBオート

WBオート

WBカスタム

WBカスタム

WB蛍光灯

WB蛍光灯



ISO感度検証


ISO 64

ISO 64

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン