このページの本文へ

ミクシィ、海外大生の採用を目的とした独自の3D仮想空間サービスを開始

2007年10月10日 17時56分更新

文● 編集部 若林健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 (株)ミクシィは10日、新卒の海外大生の採用を主な目的として、独自のオンライン3D仮想空間サービス「ミクシィ・リクルーティングオフィス(仮称)」を11月上旬に開設すると発表した。

ミクシィ・リクルーティングオフィス(仮称)

ミクシィ・リクルーティングオフィス(仮称)のイメージ

 ミクシィ・リクルーティングオフィス(仮称)は、同社がIDを発行したユーザーのみが参加できる招待生のオンライン3D仮想空間サービス。会社説明会の模様の放映や面接を実施するほか、同社スタッフとユーザーのコミュニケーションを図っていくという。IDは同社に入社希望をしたエントリーした学生全員に発行する。利用料金は無料。同仮想空間サービスは期間限定で開設され(終了時期は未定)、その期間内であれば、ミクシィ側から強制的に退会させることはないとしている。

 ミクシィ・リクルーティングオフィス(仮称)の開発・運用は3Di(株)が手がける。米リンデンラボ(Linden Lab)社が運営するオンライン3D仮想空間“Second Life”(セカンドライフ)のオープンソースを一部利用した独自のプラットフォームを採用している。

 なお、このプラットフォームを利用したほかのサービスの展開については、同社では現時点で予定はないとしている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン